IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.07.13

顔認証ゲートはジャパンクオリティの“顔”となるか
IoT時代、<空の旅の体験>が変わる

BY

AIやIoTの導入で、空の旅はどう変わるのか。

 2018年6月中旬のある日。

 仕事先の上海から梅雨模様の日本に戻った著者が成田国際空港の入国審査場で最初に目撃したのは、「未来感が半端ない」印象の顔認証ゲートだった。

パナソニックの顔認証ゲート。(写真:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社)

 以下の映像を見てほしい。

 顔認証ゲートは、パスポートのICチップ内に記録された顔画像と、顔認証ゲートのハーフミラー部分に内蔵のカメラで撮影された本人顔画像とを照合し、AIの顔認証技術を使って本人確認を行う画期的なシステムだ。

 顔認証ゲートの存在自体は、2017年10月以降、羽田国際空港の帰国手続き用に3台がリーンスタートで導入されているというニュースで知ってはいた。

 しかし、残念なことに、羽田国際空港は何度も利用する機会があったものの、ついぞ、実際に体験したりする機会には恵まれずにいた。

 何はともあれ、著者の「顔認証ゲートによる入国審査初体験」はわずか10秒足らずで終了し、入国審査官からパスポートに帰国スタンプを押されるというお決まりの儀式もないままに、手荷物受取場への階段を下ることになったのである。

 成田から都心へ向かうスカイライナーの中で、グーグル検索をしてみる。

 著者が帰国したほんの2~3日前の2018年6月11日から、成田国際空港の入国審査に顔認証ゲートが本格的に設置された(60台)のだという。

 さらには2018年秋には出国審査にも拡大され、同年末には成田だけでなく、羽田、中部、関西、福岡の各国際空港で、合計約140台もの顔認証ゲートが稼働することになるらしい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。