汗をかいて汗腺を鍛えるためには、サウナや岩盤浴が効果的ですが、毎日の入浴でも「汗腺トレーニング」で汗腺を鍛えることができます。

(1)高温で半身浴
 43~44℃の熱めのお湯を、湯船の3分の1から半分ためる。両手をひじから手先まで、両足をひざから下まで10~15分ほど漬ける。しばらくすると全身から大量の汗が出てくる。

(2)微温で半身浴
 手足浴が済んだら、水を足して36℃にして、10~15分漬かる。交感神経を鎮めてリラックスできる。湯船にコップ1杯の酢を入れることで、発汗を促し、汗腺機能の回復に効果的になる。

(3)自然に汗を蒸発
 湯船から出たら、十分に水分を拭き取る。扇風機やエアコンは使用せず、裸のままで自然に汗が蒸発するまで乾かす。

 風呂上がりの水分補給は、リンゴ酢、黒酢、クエン酸を含んだ飲み物、ショウガドリンクがよい。

――食生活でも汗のにおいを改善できるのでしょうか。

五味 皮膚や口の中は殺菌する必要があるため、弱酸性を保つ必要がありますが、体内は酸性に傾くと、汗の中のアンモニアの量が増えて汗のにおいがきつくなります。においを抑えるためには、体の中は弱アルカリ性に保つことが重要です。

 体をアルカリ性にするには、カルシウム、ナトリウム、カリウムを多く含む緑黄色野菜や海藻類をとるようにすること。食品そのものでとれない場合は、青汁や野菜ジュースを飲むだけでも、アルカリ化が促進されます。逆に、体が酸性に変わってしまう肉類などは、栄養的に食べることは必要だが、必ず野菜と一緒に食べるようにして、必要以上に食べ過ぎないようにしましょう。