クックパッドがベンチャー5社とコラボで目指すこと

二人三脚で新ビジネス立ち上げ、その先にあるものとは?

高下 義弘/2018.7.12

いいね ツイートする
「クックパッドアクセラレータ」の成果報告会「クックパッドアクセラレータ デモデイ」の様子

 クックパッドが、新しい事業価値の創出を目指してベンチャー企業との協業を進めている。その先鋒として取り組んだ活動が、「Cookpad Accelerator(クックパッドアクセラレータ)」プログラム。「料理を通して社会課題の解決に挑むこと」をテーマに掲げ、2018年前半の約5カ月間、国内のベンチャー企業5社とともに、新しいビジネスを立ち上げるべく取り組んだ。いわゆるオープンイノベーションの活動だ。

 クックパッドはベンチャー企業と組むことでどんな価値創出を狙っているのか。オープンイノベーションの活動を主導するクックパッドの住朋亮(すみ・ともあき)事業開発部 Cookpad Venturesグループ長に、ベンチャー企業の支援の要諦を聞いた。

約130社の応募から5社を採択

 クックパッドアクセラレータは、起業家支援を手がける01Booster(ゼロワンブースター)の協力を得て開催した。約130社の応募があり、2018年1月に5社を採択。6月6日には5社との協業の結果を報告する成果報告会「クックパッドアクセラレータ デモデイ」を実施した。

 クックパッドがアクセラレータで目指すのは、外部のベンチャー企業が備えるアイデアやリソースを取り入れて、クックパッドの事業と融合させることで、新しい価値を生み出すことである。