GDPが“かさ上げ”されていた?

 以上のようにアベノミクスは、史上空前の大失敗に終わりました。ところが、2016年12月8日のGDP改訂により、その失敗は覆い隠されてしまいました。このGDP改訂は、表向きは「2008SNA」というGDP算出の国際基準への対応のため、という点が強調されました。この新基準では研究開発費等が上乗せされるため、GDPがだいたい20兆円以上はかさ上げされます。しかし、その「2008SNA対応」を隠れ蓑にして、それとは全く関係ない「その他」という項目で大幅な調整がされているのです。

 まずは改訂前の名目GDPの推移を見てみましょう(下のグラフ)。単位は兆円です。

名目GDPの推移(平成17年基準)
(『アベノミクスによろしく』図4-1と同じデータを使用)

 ご覧のとおり、名目GDP史上最高額だった1997年度と比較すると、2015年は20兆円以上差が開いています。ところが、改定後の名目GDPの推移を見てください。

名目GDPの推移(平成23年基準)
(『アベノミクスによろしく』図4-1と同じデータを使用)

 ご覧のとおり、20兆円以上あった差がほとんどなくなり、2015年度が1997年度にほぼ並んでいます。なぜこんなことが起きるのか、改訂によるかさ上げ額を見てみましょう(下のグラフ)。

名目かさ上げ幅
(『アベノミクスによろしく』図4-2と同じデータを使用)

 アベノミクスが開始された2013年度以降のかさ上げ額が突出しているのがよく分かります。このかさ上げ額の内訳ですが、(1)2008SNA対応によるものと、(2)その他の2つに大きく分けることができます。問題なのは先ほども書いたとおり「その他」です。

「その他」のかさ上げ額
(「アベノミクスによろしく」図4-7と同じデータを使用)