2)店頭の一等地を占めるレジ列を無くすか圧縮できる

 セルフレジではレジ要員は削減できても店頭のレジスペースは圧縮できないが(かえって肥大するケースも見られる)、スマートセルフレジをカートに乗せたスマートカートなら無くせるし、画像認識AIとスマートゲートの組み合わせでも無くせる。それでもスマートゲート列と顧客が袋詰めするスペースは残ってしまうが……

3)顧客のレジ待ちを解消できる

 セルフレジではRFIDタグを一括読み取りして自動で袋詰めまでしてくれないとかえって手間取りかねないが、スマートカートやスマートゲートならスイスイ流せる。でも、どこで袋詰めするのだろうか。ローソンの自動袋詰めセルフレジ「レジロボ」はRFID対応すれば化けるかも……

キャッシュレスこそ究極の狙い

 無人精算のメリットも小さくないが、もっと抜本的に店舗運営を効率化する方法がある。それは現金扱いを一切、止めてしまうことだ。

 現金扱いを止めればセルフレジの構造も格段に簡単になって投資も軽くなり、精算のスピードも格段に速くなる。加えて、閉店後の現金精算が不要になって残業が減り、現金保管や釣り銭の用意、現金輸送や警備も不要になる。