IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.18

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感
IoT時代、<企業のお客さまとの向き合い方>が変わる

BY

エクスペリエンスとマーケティングオートメーションの融合

 冒頭に述べたように、エクスペリエンスデザインの考え方や手法は、お客さまの気持ちへの共感と理解を通じて、機会点の発見やKPI設定の手がかりとなる。

 企業がマーケティングオートメーションを導入する際に陥りがちな過ちは、(1)自社のマーケティングプロセスを棚卸しし、(2)お客さまの行動データ(購買履歴やウェブサイトの閲覧履歴)を収集・解析した後、お客さまへの理解や共感のプロセスを省略して、いきなり(3)マーケティングシナリオを描いて施策(リコメンドや広告配信)を実行してしまう、というものである。

 本来はプロセスの(2)と(3)の間に、お客さまの生活価値観を主要な手がかりとして、ペルソナ設定(仮想のお客さま像の定義)を行うべきだ。

 さらに、そのペルソナが企業の商品やサービスの購入を思い立ってから、実際に購入し、最終的には購入体験を振り返るまでのカスタマー・ジャーニー・マップを描いてみて、お客さまのペインポイント(ブランド体験においてお客さまの気持ちがネガティブになる点)を抽出する、という一連のプロセスが不可欠になる。

 ペインポイントの特定は、お客さまのブランド体験を豊かにするために有益な示唆や気づきを生み出す。

 必然的に企業が描くマーケティングシナリオはリアリティに富み、お客さまの細かな気持ちの変化に寄り添う形に近づいていく。

 サトリの寓話の中で語られる「弁当箱のワッパが火の熱で弾け、火の粉をサトリに浴びせかける」ような、単純な購買データの積み上げや分析だけでは推論できないような何か、人間にしかできない<新しい発想や価値の提案>を生む発見こそが、お客さまの体験をより豊かにするための「ディライト体験」発生装置になるとは言えないだろうか。

 AIのアルゴリズムを開発するのは、他でもない人間である。

 AIはエクスペリエンスデザインを「学習」できるか、という前に、まず、マーケティング活動にAIを導入しようとする、企業内部のマーケティング責任者の発想そのものがお客さま主語にシフトして行く必要があることは言うまでもない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

現場をゲリラ豪雨や熱中症から守れ! ウェザーニューズとKDDIがセンサーと予報を使ったIoTサービス
急増するIoT機器への攻撃、対策に不可欠な法的整備とは?
2018年6月の3本:KDDIと日立がグローバルIoT事業で協業/富士通がクラウドサービスを刷新/NECがシリコンバレーで新事業開発会社を設立 | IT Leaders
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
大阪ガス、AI・IoTを活用した位置情報の見守りサービス
IoT事業創造の一大拠点に――「柏の葉スマートシティ」の挑戦
農業ロボットはどう役立つ?現状と課題、最新事例を整理する
中小企業の働き方改革、ITツールと行政支援でできること~「IoT/RPA 働き方改革で創る、地域社会の未来のためのセミナー」レポート2
富士通、IoTスマートメーター「特定データ収集サービス」を提供
危険が満載のIoT、 運用・認証・エコシステムで支えるIoTセキュリティの未来
ウェザーニューズとKDDI、天候を予測して作業現場の安全を管理するIoTクラウドサービスを開始
中部電力とFiNC、ヘルスケア領域のAI・IoTサービスを共同開発
IoT開発の課題を解決する新たな開発プラットフォーム
データ活用の「今」と「未来」がわかる - AI、IoT時代におけるデータ利活用
富士通、IoTスマートメーター「特定データ収集サービス」を提供
京セラ、LTEカテゴリーM1とAWS IoT 1-Clickに対応したボタンデバイスを製品化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。