IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.18

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感
IoT時代、<企業のお客さまとの向き合い方>が変わる

BY

エクスペリエンスとマーケティングオートメーションの融合

 冒頭に述べたように、エクスペリエンスデザインの考え方や手法は、お客さまの気持ちへの共感と理解を通じて、機会点の発見やKPI設定の手がかりとなる。

 企業がマーケティングオートメーションを導入する際に陥りがちな過ちは、(1)自社のマーケティングプロセスを棚卸しし、(2)お客さまの行動データ(購買履歴やウェブサイトの閲覧履歴)を収集・解析した後、お客さまへの理解や共感のプロセスを省略して、いきなり(3)マーケティングシナリオを描いて施策(リコメンドや広告配信)を実行してしまう、というものである。

 本来はプロセスの(2)と(3)の間に、お客さまの生活価値観を主要な手がかりとして、ペルソナ設定(仮想のお客さま像の定義)を行うべきだ。

 さらに、そのペルソナが企業の商品やサービスの購入を思い立ってから、実際に購入し、最終的には購入体験を振り返るまでのカスタマー・ジャーニー・マップを描いてみて、お客さまのペインポイント(ブランド体験においてお客さまの気持ちがネガティブになる点)を抽出する、という一連のプロセスが不可欠になる。

 ペインポイントの特定は、お客さまのブランド体験を豊かにするために有益な示唆や気づきを生み出す。

 必然的に企業が描くマーケティングシナリオはリアリティに富み、お客さまの細かな気持ちの変化に寄り添う形に近づいていく。

 サトリの寓話の中で語られる「弁当箱のワッパが火の熱で弾け、火の粉をサトリに浴びせかける」ような、単純な購買データの積み上げや分析だけでは推論できないような何か、人間にしかできない<新しい発想や価値の提案>を生む発見こそが、お客さまの体験をより豊かにするための「ディライト体験」発生装置になるとは言えないだろうか。

 AIのアルゴリズムを開発するのは、他でもない人間である。

 AIはエクスペリエンスデザインを「学習」できるか、という前に、まず、マーケティング活動にAIを導入しようとする、企業内部のマーケティング責任者の発想そのものがお客さま主語にシフトして行く必要があることは言うまでもない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTの最新セキュリティ対策、CCDSが取り組みを説明
設備更新なしで導入可能、ドコモが工場向けIoTサービスを開始
ソフトバンクがIoT新会社 IoTアプリを簡単作成できるサービス提供
【海外ITトピックス】 自動車製造現場に入るクラウド 産業IoTを狙うMicrosoftとAWS
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第6回)単三2本で約10年稼働の省電力規格、“NB-IoT”こと「LTE Cat.NB1」【ネット新技術】
簡単だから増加するサイバー犯罪、まず攻撃する相手を知るべし──セキュリティフォーラム2019レポート【前編】
宮古島の電動バイクシェアを支えるソフトバンクの「見えないIoT」
JAL、“旅の試着”ができる「JAL xR Traveler」と「JAL 体験自販機」を公開
TED、IoTとAIの画像処理で製造現場を支援--インテルやMSと連携
TEDが製造業向けビジネス強化、IoT×AI画像処理技術を生かしたソリューションを提供
ユニファ、おでこで2秒で検温し、園児全員分の体温をアプリで管理できる法人向けIoTサービス「ルクミー体温計」
ガートナーに訊く、顧客体験ITサービス関連の動向
gooがIoT事業に参入、第1弾は子どもの見守りサービス
Japan IT Weekにポータブル・オールフラッシュ・ストレージサーバーが出展
モバイルIoTを強化するNTTコム eSIMで海外企業にも積極展開
オムロン、PHC、NEC、パナソニックらが激論、IoTは本当に必要なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。