この食事の方法で認知機能低下リスクは4割減少する

科学研究から見る、食と脳・こころ(後篇)

2018.06.15(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

いろいろなものを食べるほど、認知機能は保てる

――つまり、「摂取する食品の多様性」と「認知機能低下のリスク」の関係について調べたわけですね。どう調べていったのですか?

大塚 まず、協力者たちの摂取する食品がどのくらい多様かを数値にして表す必要があります。そこで、国立がん研究センターのチームが開発した「食事多様性指標」という指標を使いました。食事で仮にコメならコメだけといった具合に1品目しか摂らないとすれば、その人のスコアは限りなく「0」に近づき、また、仮に各食品群からの摂取量の割合が均等だとすれば、その人のスコアは「1」に近づく指標です。

 協力者に摂った食事を記録してもらい、スコアを出していきます。こうして出したスコアと、10年間の認知機能低下リスクの関係を調べました。

――結果はどうでしたか?

大塚 協力者の中で食事多様性指標の最も高かったスコア0.95から、最も低かったスコア0.69までの全570人を、ほぼ均等の人数で高いほうから「高い群」「やや高い群」「やや低い群」「低い群」に分けたところ、「低い群」の認知機能低下リスクを1とすると、「やや高い群」のリスクは0.68倍、「高い群」のリスクは0.56倍に抑えられたのです。

 いろいろなものを食べるほど、認知機能低下リスクを低く抑えられるということです。

食品摂取の多様性と認知機能低下リスクの関係。認知機能はMMSE(Mini-Mental State Examination)という方法で判定。(出典:大塚氏らの論文 “Dietary diversity decreases the risk of cognitive decline among Japanese older adults.” Geriatr Gerontol Int. 2017 Jun;17(6):937-944 の情報を参考に作成)

――スコアの低い人の食事や、高い人の食事とは、たとえばどんなものでしょうか?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。