教訓:ひとたび2人の首脳が交渉会場にこもったら、予想外のことが起き得る。

 シンガポール・セントーサ島での首脳会談で予測不能なことが起きる可能性は、トランプ政権の準備不足によって高まっている。

 怠惰なことで有名だったレーガンでさえ、レイキャビックでの首脳会談に臨む前には、ホワイトハウスで何時間もの説明を受けた。

 対照的に、シンガポールでのサミットの数日前になっても、トランプ政権は金氏との会談に向けて大統領を準備させるために内閣レベルの高官の会議を一度も召集していなかった。

By Gideon Rachman in London
 
© The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. Please do not cut and
paste FT articles and redistribute by email or post to the web.