このブロック、つまり「公正な台帳」を、鎖のように数珠つなぎにしていき、正しい取引を維持するシステム全体を「ブロックの連鎖」という意味で「ブロックチェーン」と呼ぶわけです。

 さて、ここで取引が公正に行われればよいのですが、もしこの「暗号通貨ポリス」を構成する「市民」の中に、悪意を持つ人がいると、いろいろ困ったことが起き得ます。

 今回「モナコイン」などが受けた「51%攻撃」も、そうした原理的な攻撃の一つで、ブロックチェーン=プルーフ・オブ・ワークスの基本的な脆弱性として以前から認識されていたもので、決して「不可能」でも何でもありません。

「51%攻撃」へのイントロダクション

 いま、P2Pのネットワークが、公正な取引を行うという人大半で占められている状況を考えましょう。ブロックチェーンのシステムでは、一番長い「台帳の鎖」チェーンが正当なものとされ、それ以外の短い鎖は承認されません。

 仮に一部に悪いことを考える人がいて、同じコインを2か所に送金し、片方は無効にして対価となる商品だけセシメテやろう、なんて思ったとしても、圧倒的多数のP2P参加ノードがマトモな取引を支持していたら、そのような不正は現実には起こしにくい。

 ブロックチェーンのシステムはそのように設計されています。

 マトモな人々が支持し、最長のチェーンとして正当に認められているブロックチェーン=金銭出納台帳の鎖を「オネスト・チェーン(正直な帳簿)」と呼ぶことにしましょう。

 これに対して、悪事を働こうとする人が、不正な経理内容を記したり、あるいは既に記した決裁を意図的に帳消しにしたりするような、身勝手な行動を取る可能性があります。

 そのような困ったブロックチェーン=金銭出納台帳の鎖を「セルフィッシュ・チェーン(我儘な帳簿)」と呼ぶことにします。

 もし仮に「我儘な帳簿」が「正直な帳簿」よりも長い鎖=金銭出納台帳の連鎖を作ってしまったら、「オネスト・チェーン」は棄却されてしまい、おかしな内容がまかり通るようになってしまう・・・。

 このようなマイニングは「セルフィッシュ・マイニング」とあだ名されており、NHKその他が「不可能」などと不用意に書いたのは、モナコインなどを襲ったのが実はこの「セルフィッシュ・マイニング」による攻撃だったことによるのです。

 この「セルフィッシュマイニング」が可能になるのは、P2Pネットワーク全体のマイニング能力(暗号問題を解く計算機の能力全体を指し、俗にハッシュ・パワーと呼んでいます)が5割を超えるときです。