IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.01

新VR元年到来か、スタンドアロン型HMDが切り開く未来
2万円台のヘッドセット登場で簡単にVR動画が楽しめる時代に

BY

ミレニアル世代が最も期待を寄せるVR体験はゲームではない

冒頭でも述べた通り、VRというとゲームのイメージが強い。もちろんVRの可能性はゲームだけに留まらないのだが、一般的な認知はそんなものだろう。特に、「家庭用」のVRヘッドセットと聞くと、PlayStation VR(以下、PSVR)を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

IoT Todayでは以前こちらの記事で、ハイエンド機の中では国内で最も広く知られるVRヘッドセットであるはずのPSVRがなかなか普及しない理由を取り上げた。その際、PSVRの利用には「PlayStation 4」が必須なので、ゲームファン以外が「ちょっと買ってみよう」と手を出すにはあまりにも高価だから、と結論付けた。

「Oculus Rift」や「HTC Vive」のようなPCに繋げて使う機種にしても、「VRでしたいこと」がはっきりとしている場合を除き、おいそれと手を出せる金額ではない。「何だかすごいゲームができるらしい」という漠然としたアピールポイントだけでは、なかなか一般層の心に響かないであろうことは容易に想像できる。

ではなぜOculus GoやMirage Soloは、一部とはいえこれまでVRに関心のなかった層にもアプローチすることができたのだろうか。

ここで、5月23日にアンケートアプリを開発・運営するテスティーが発表した「VR/ARに関する調査」結果を見てみよう。

10代~20代の、俗に「ミレニアル世代」と呼ばれる世代の男女1,057名を対象に行われた同調査によると、VRを「知っている」と回答したのは10代で74.8%、20代で68.8%。その中で、VRを実際に「体験したことがある」と回答したのは10代で25.4%、20代で23.6%。

さらに「体験したことがある」と回答した人がVRを体験した場所やデバイスについての調査では、10代の第1位が「ゲームセンター、アミューズメントパーク」で33.3%。20代の第1位も「家庭用VR機器」で33.1%。また、「家庭用VR機器を体験したことがある」と回答した人が利用したコンテンツ名としてPSVRのゲーム名が複数挙げられている。

認知度が高いのか低いのか、数字だけ見ると微妙なところだが、IoT Today読者からすると「若者でも以外と知らないものなのだな」と感じるのではないだろうか。ともあれ、やはり多くの若者にとって「VR=ゲーム」であることに変わりなさそうだ。

一方、全員対象の「今後、体験してみたいと思うVR体験」という質問への回答第1位は「映画」で52.0%。ゲームは46.1%で2位と後塵を拝する結果に。

テスティー調べ。画像はプレスリリースより引用

VR体験をしたことがない人も含まれるため、回答者によって「映画×VR」体験のイメージにばらつきがありそうだが、ここでは若者が最も「体験してみたい」と思うVRを利用したコンテンツが映画であることに着目したい。

ちなみに、体験者と未体験者それぞれに対して行われた「今後VRを体験したいと思うか」という項目への回答結果は下記の通り。

テスティー調べ。画像はプレスリリースより引用

10代、20代共にVRへの関心度の高さが伺えるが、特に「お金を払ってでも体験したい」と回答した体験者の割合は、未体験者に比べて3倍も高い結果だ。VRはよく「一度(VRヘッドセットを)被ってみないと分からない」技術だと言われるが、この結果にも如実に表れている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【異色対談】ブロックチェーンはなぜIoTに最適なのか?
今年の「CEATEC JAPAN」は“海外”にも本気、脱・家電見本市から3年目の「CPS/IoTの総合展示会」が目指す未来とは 
青山学院大 井田昌之教授が明かす、デジタル化・グローバル化の「真実」
カリフォルニア州でデバイスのデフォルトパスワードを禁ずる法律が成立
楽天コミュニケーションズ、IoTサービスの通信環境構築をサポートする「IoTプラットフォームサービス」を提供開始
NTT Com、“デジタルツイン”の実現に向けAIを活用した生産プロセスの高精度なモデルを横河電機と共同で構築
セラクとトレンドマイクロが提携、農業IoTのセキュリティ機能を「Trend Micro IoT Security」で保護
楽天コミュニケーションズ、IoTサービス向けの通信機能構築をサポート
IoT導入を加速させる人とモノへ最適なアプローチとは
IoT/M2M向けのSIMサービス「さくらのセキュアモバイルコネクト」、指定通信量を超過した場合の速度制限機能を搭載
つぎの注目分野は“不動産テック” 【iNTERNET magazine Reboot】
ブロックチェーン技術で社内データや知的財産をデジタル・アセット化するプラットフォーム「Keychain DAP」 〜金融機関やIoT向けに分散型認証サービスを提供するKeychainが開発
DMPでIoTデータを活用--インティメート・マージャーが高精度のクロスデバイス推定技術
IoTセンサー込みで月額500円から、アステリアがエッジIoT向けのミドルウェア「Gravio」新版を提供
新生アステリア(旧インフォテリア)が仕掛けるAI/IoT戦略「エッジウェア」とは?
呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。