(英フィナンシャル・タイムズ紙 2018年5月23日付)

1杯110万円のウイスキー、「偽物」だった スイス

スイス・サンモリッツにあるバルトハウス・ホテル内のバーで開栓された、1878年と記されたラベルが貼られたスコッチウイスキー「マッカラン」のボトル(2017年8月2日撮影、公開)。(c)AFP/WALDHAUS AM SEE HOTEL〔AFPBB News

 2003年の米国映画「ロスト・イン・トランスレーション」で、ビル・マーレイはウイスキーのCMに登場する俳優の役を演じ、妖しげな雰囲気を醸し出しながら「リラックス・タイムは・・・サントリー・タイムにしよう」と満足げにつぶやいていた。

 あれから15年。このプロダクトプレースメントが大当たりしたことも手伝って、今日のサントリーにおける時間は、とてもリラックスできるものではなくなっている。

 激賞するレビュー、舌の肥えた消費者、マーケティングの才覚、そして観光ブームなどを背景に、日本産ウイスキーは21世紀が始まったころ――つまり、今日のヒット商品が蒸留されて樽に詰められたころ――の予想をはるかに上回るペースで飲まれている。

 最も人気のあるブランドの在庫は尽きてしまい、ニッカウヰスキーは2015年に、同社最高級のシングルモルト・ウイスキー数種の販売を中止した。

 サントリーも先日、世界中の愛好家が恐れていたことを渋々認めた。世界でも一流のブレンドウイスキー「響(ひびき)17年」とシングルモルト「白州(はくしゅう)12年」の販売を休止したのだ。

 これはウイスキー産業ならではの悩み、すなわちシェリー樽の製造や設備投資の戦略を決断する際に、遠い将来に生じる消費サイクルのうねりにヘッジなしで賭けなければならない業界特有の災難だ、と読者は思うかもしれない。

 しかし、ウイスキーメーカーは決して特異な存在ではない。

 過去の計算ミスの影響を隠れてやり過ごす場所を、この国の銀行や自動車メーカー、その他の大企業ほどには持っていないだけの話だ。