IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.05.21

顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮
IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる

BY

「天網」が押し上げる中国のAIネットワークの技術水準

 ところで、顔認識システムのアルゴリズムには、「画像の特徴を幾何学的に比較する方法」と、「画像を統計的に数値化して数値をテンプレートと比較する方法」などがあるとされる。

 いずれの方法にしても、金融機関やスマートフォンの個人認証のキーとして普及している指紋認証など他の生体認証に比べれば、顔認証は発展途上のテクノロジーであり、信頼性や効率の点で必ずしも優れているとは言えないかもしれない。

 しかし、それでも中国が「天網」の導入を推進する理由のひとつに、このシステムの大規模導入によって得られる副次的な効果としての、AIネットワークの技術水準の飛躍的向上があることは明らかだろう。

 中国は「天網」のシステムの開発と導入、監視カメラの製造と設置を、国策として全て自前のリソースで行っていることに注目だ。

 2020年までに4億台の「天網」設置を目指す国家レベルのダイナミックな動きが、世界のディープラーニングサーバーの4分の3を保有し、なおかつディープラーニングに関する学術論文で中国が米国を超えて世界一になっているという事実に直結している。

 また、監視カメラの業界でも、世界シェアNO.1はもはや日本や欧米のグローバル企業ではなく、中国政府の後押しを受けた中国国内の企業、ハイクビジョン(杭州海康威視数字技術)なのだ。

監視カメラは「自動運転」を支えるキーインフラになる

「天網」の次なる活用方法として、中国政府の眼差しの先にあるのは何か。

 最近の報道から推察されることは、「天網」の監視カメラを「自動運転」を支えるキーインフラとして「モビリティクラウド」のシステムに戦略的に組み込んでいく、という考え方である。

 周知のように、自動運転は「自律型」と「インフラ協調型」の2タイプに分別される。

 中国が目指すのはもちろん後者であり、その意味ではフォードのCEOジム・ハケット氏が今年1月のCES 2018で大掛かりなプレゼンテーションを行った「TMC(Transportation Mobility Cloud)」のコンセプトに極めて近い、とも言える。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソニー、IoT向けに開発した独自LPWAネットワーク「ELTRES」
凸版印刷・テクサー・京都高度技術研究所がLPWAでIoTインフラ整備、京都スマートシティ化実証実験
ソフトバンク、IoT向け通信方式にIPアドレスを使わない新技術
ベジタリア、高速LTEデータ通信対応、電源がなくても監視可能な屋外乾電池式IoTカメラ発売
簡単に奥深いプログラムを作れる「Node-RED」※1)のOSS活動で日立が得たもの【前編】
伊丹市のビニールハウスでIoT環境センサーの実験、トマト栽培の水やりを週に8時間削減 | IT Leaders
ドコモ、IoTサービス向け通信「LTE-M」の提供を開始
KDDI、IoT向け回線「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」を提供開始
IoT機器の開発や販売を支援する「IIJmio IoTパートナープログラム」
ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、全モデルでリモートマネジメントサービスが利用可能
ケイ・オプティコム、LPWAを活用したワンストップIoTソリューションの提供を開始
釣りIoTのスマートルアー、総額4000万円の資金調達
「AWS IoT 1-click開発キット」の販売を開始、スペクトラム・テクノロジー
サイバートラスト、セキュアIoTプラットフォームの評価用SDKを提供
NTTドコモ、LTE-M方式のIoT向け通信サービスを10月1日より提供
ルネサス、アリババと戦略的提携を締結---中国IoT市場を開拓

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。