IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.05.21

顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮
IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる

BY

 それでは「天網」の実効性(パフォーマンス)はいかがなものだろうか。

 2017年、中国南部・貴州省の省都である貴陽市で、BBCの男性記者が当局の了解を得て取材目的で行った「天網」システムの実験がある。

 その記者はわずか7分で身分と居場所が特定され、公安当局に「疑似的に」拘束されている。

【参照動画】China: "the world's biggest camera surveillance network" - BBC News

 

 中国の公安部では「天網」の顔認識システムを使って、13億人の中国国民を数秒以内で特定することを目標に、顔以外も含めた生体認証のデータベース構築を進めているという。

 中国で生活している著者の複数の友人からも、「天網」の設置以後は窃盗やひったくりのような軽犯罪が明らかに減り、都市の治安はかなり良くなったという話をよく耳にする。

「天網」の顔認識システムにより、たとえ夜の暗がりであっても犯人が瞬時に判別されてしまう。

 その結果、公安の検挙率が飛躍的に向上し、つまらない軽犯罪で長期間刑務所に入るのは割りが合わない、という考え方が社会的に広く浸透した。

 中国の北魏の歴史書である『魏書』には「天網恢恢 疎にして漏らさず」(てんもうかいかい、そにしてもらさず:天罰を逃れることは決してできない、という意味)という一節がある。

 中国版顔認証システムをあえて「天網」と命名したことを考えても、このシステムの導入を進めた中国当局の当初の意図が透けて見える。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI総合研がアングルフリーな「表情認識AI」を開発、IoTデバイス上でも動作
「感覚器」の代用から「脳」へ、私たちがAIに期待すべきこと —八子知礼×小泉耕二
ドコモらがIoTスマートホーム実証実験で得た「仮説」の中身
IIJ、フルMVNOのIoT/M2M向け低容量プラン「IoT応援パック」
自動車IoTのスマートドライブが17億円を調達--物流に本腰、中国に研究拠点も
スマホで撮るだけでAIがメーター点検する「hakaru.ai byGMO」
MSYS、IoTゲートウェイと各種センサーを組み合わせた「IoTセンサーキット」を販売
自社オフィスをショーケースに、IoT活用でオフィス空間を最適化――Phone AppliとJBATが共同実証
ソフトバンク、徳島県と「とくしまIoTプラットフォーム」を運用開始
isaax、IoTエンジニアを6ヶ月で育成するキットを提供開始
PSIRTとは何か? IoT時代のセキュリティ組織、先行事例にマイクロソフトなど
空調機をIoTハブに「未来のオフィス空間」づくり――ダイキン工業など6社、都内でフィールド実証へ
自宅のIoT化が止まらない! Amazonランキング大賞 2018上半期「Alexa対応デバイス売れ筋Top 10」発表
農業IoTに配線不要の省電力無線カメラを使った画像監視サービス―MOVIMASの取り組み | IT Leaders
【7月の人気記事TOP10】ソフトバンクのNB-IoT記事が1位・2位に
大分県とウミトロン、AI・IoTを活用した水産養殖の「データ経営」実現に向けた取り組みを開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。