IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.05.21

顔認証システム「天網」にみる中国の深謀遠慮
IoT時代、<AI監視カメラの役割>が変わる

BY

2020年には中国全土を100%カバーする「天網」

「天網」とは、顔認証システムを活用して、動くもの(例:人間やクルマ)を追跡・判別する監視カメラと、中国国民のデータベース(間違いなく海外からの入国者も含まれる)が連動したAIネットワークシステムである。

 前回の連載記事でもご紹介した通り、この「天網」の摩訶不思議な存在感と、Ofo(オッフォ)、MoBike(モバイク)に代表されるシェア自転車の洪水が現在の中国の大都市の二大風物詩になっていると言っても過言ではないだろう。

【参照記事】中国シェア自転車ビジネスが示す勝利の方程式
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52771

「天網」は2000年代から、まず地方都市で試験的に導入され始めた。

 2012年には首都・北京でも本格的な運用がスタートし、早くも2015年には農村部を除く中国全土の全都市が100%カバーされた、と中国政府から発表された。

 2017年時点で、中国には1億7000万台の監視カメラとネットワークが構築されているという。

 それが決して誇張された数字でないことは、実際に中国の都市を歩いてみると実感できる。

 写真は、上海を代表する目抜き通りのひとつ、淮海中路(ワイハイチュンルー)の街頭風景だが、まず信号機の数よりも街頭監視カメラの台数の方がはるかに多いことに驚かされる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで睡眠の質を改善、KDDIとフランスベッドが協業
KDDIがホームIoT「au HOME」を強化、スリープテックで睡眠負債を返済(ニュース)
IoTデバイスを安全に利用するための4つのポイント
メルセデス初の量産型電気自動車「EQC」を乃木坂のMercedes me Tokyoにて展示
国内のIoT市場規模、2018年は6兆3167億円
IoTを活用し遠隔ファッション診断を実現!エアークローゼット、JR東日本グループと実証実験を開始
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第2回)世界各地で広範に利用できるLPWAの老舗「SIGFOX」【ネット新技術】
ヤマハ発動機×富士通、セーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験開始 IoTを活用
Googleは、Disruptee(破壊される側)になったのか?IoT広告の可能性と罠
製造/資源セクターで日本の割合が際立つ、IDC Japanが世界のIoT市場を予測 | IT Leaders
IoTで市民参加型の見守り、次はオープンデータ活用―加古川市のデジタルガバメント | IT Leaders
「GAFA時代」の源流はどこにある? 我々はいつ情報社会へ転換したか
ヤマハと富士通、ヨット競技をIoTでパフォーマンス向上へ
約4割が「食品トレーサビリティ」実施せず、食の安全はAIやIoTでどう変わるのか
電池交換不要 シチズンの新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がこの秋に発売
ネコリコ、家の環境状況をLINEで通知してくれるホームIoTサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。