IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.09

中国シェア自転車ビジネスが示す勝利の方程式
IoT時代、<事業の成功モデル>が変わる

BY

シェア自転車・戦国時代を勝利に導いたのは「モバイル決済ツール」の優劣

 数十社の運営会社が群雄割拠したシェア自転車戦国時代は、わずか2年間という短期間で終わり、冒頭に述べたように事実上、オッフォとモバイクの2つの企業だけが勝ち残った。

 中国政府の統計によると、すでに60を超えるシェア自転車の運営会社が、倒産もしくは行方不明になっているという(当然、保証金はお客さまに戻っていないという)。

 つまり、オッフォとモバイクが他の60社を次々に駆逐し、空いたスペースを埋め続けてきたのである。

 最近、筆者が宿泊した上海・淮海路近くのホテルの裏手は、古い公営住宅を撤去した広大な空き地になっていたのだが、部屋の窓からは倒産した運営会社のものと見られる大量のシェア自転車がうず高く積まれた「山」(「残骸」と呼ぶにはまだ真新しい)がいくつも見えた。

 もちろん、使われている自転車自体には、ブランドごとの機能的な差別点はない。

 それでは、勝者2社と敗者の六十数社の違いは何かと言えば、会員登録やシェア自転車の利用時に必要な「モバイル決済ツール」の優劣に他ならない。

 勝者2社が足掛かりとしたモバイル決済サービスは、オッフォはかの名高い「支付宝(Alipay)」。モバイクのそれは「微信支付(WeChat Pay)」である。

 言うまでもなく、支付宝はアリババ(阿里巴巴集団)が運営するネット通販サイト「タオバオ(淘宝網)」が、微信支付はテンセント(騰訊)が運営する中国版LINEと呼ばれる「WeChat」が、それぞれ背後にいる。(詳細については下図を参照)

オッフォとモバイクの比較。
拡大画像表示

 周知の通り、タオバオもWeChatも、ユーザーベース数億人とも言われる巨大なオンラインのユーザーコミュニティを抱えているのみならず、ネット通販やSNSの枠組みを超えた、企業グループ傘下の多様なサービスによってアクティブユーザーを増やし続けている。

 もちろん、敗者の六十数社のサービスも「2大モバイル決済ツール」である支付宝や微信支付には対応はしていた。

 しかし、利用者のタオバオやWeChatというパワーブランドに対する絶大な信頼感に加え、モバイル決済ツールとしての利便性や汎用性という、巨大な資本力を背景にした差別された打ち出し(上表の「成功のストーリー」の欄の各3項目を参照)には太刀打ちができなかったと言えるのではないか。

負け組の中には支付宝(アリペイ)採用を訴求する事業者もあったが、結局、Ofo(オッフォ)に 駆逐された。

サービス同質化の中で生き残るため、決済手段が差別化の最大のドライバーに

 いささか穿った見方をすれば、上海のような中国の巨大都市で起きていたシェア自転車戦争の実態は、サービスの同質化が想定される視界不良な事業環境の下での、「モバイル決済サービス同士の利便性や汎用性の戦い」であったと解釈することもできるではないだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け

加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」

スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化

ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も

イノベーション

CESで体験したカスタマーエクスペリエンスの近未来

法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携

オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介

ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始

KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け

加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」

スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化

ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も

イノベーション

CESで体験したカスタマーエクスペリエンスの近未来

法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携

オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介

ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始

KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders

IoTニュース

「カジュアルなIoT」で製造現場の作業からオフィスワークまで見える化
NECとウフル、共同で顧客のデータ活用新事業の創出を支援 | IT Leaders
物流テックスタートアップ16社まとめ、現場の非効率はテクノロジーが解決する
NTT東日本千葉事業部、IoTを活用したイチゴ栽培のスマート化に向けた実証実験に参画
自宅の家電をスマート化。Amazonランキング大賞2018にみる、昨年最も売れたAlexa対応スマートホームデバイスTop 10
日立超LSIシステムズが日立ソリューションズの100%子会社に、IoTシステムサービスを強化 | IT Leaders
NECとウフル、IoT領域で協業し顧客のデータ活用型の新事業創出を支援
ボッシュがコネクトカー向け統合IoTプラットフォーム、クラウド経由で事故データ送信…CES 2019で発表へ
日本版GPS“みちびき”が本格始動したら位置情報取得はどう変わる?――2018年AI IoT系記事閲覧数ランキング
アマゾンやグーグルがクラウドで使うバックアップ術、「オンプレで」使えないのか?
2019年、エンタープライズIT界隈のキーワードはこれだ
好みのビールを最適なタイミングで届けてくれるIoT冷蔵庫
1500万円! 金属3Dプリンター出力でセンサー内蔵IoTロードバイク「ORBITREC」
IoTスキー板「SKI-1」、レース配信を可視化する「ZECH-1」~CerevoがCESで発表
自宅の家電をスマート化。Amazonランキング大賞2018にみる、最も売れたAlexa対応スマートホームデバイスTOP10
クラウドで爆速開発・機械学習・IoTとAI融合など2019年も注目の技術10大講座まとめ、動画でサクッと学ぶUdemy新春キャンペーンが1月11日17時まで1200円~

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。