IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.02.24

スマートディスプレイって? 知っておきたいタブレットとの違い
スマートスピーカーの「次」、最新トレンドに迫る

BY

見出しを入れます見出しを入れます

冒頭でも触れたが、CES 2018でGoogleアシスタント搭載のスマートディスプレイが多数発表された。

スマートスピーカー同様、Amazonに後れを取る現状を覆そうと猛攻をかけていることが分かる。

Your Google Assistant: coming soon to smart displays

Google純正の製品は発表されていないが、Lenovo、JBL、LG、Sonyの4社から2018年内に発売予定だ。

Lenovo SmartDisplay。8インチ(199.99ドル)と10インチ(249.99ドル)の2サイズで展開予定(画像はLenovo公式ブログより引用)
JBL Link View(画像はプレスリリースより引用)
LG ThinQ View WK9(画像はLGの製品紹介ページより引用)

搭載される音声アシスタントは違えど、こちらもAmazon製スマートディスプレイと同じく、できることは「スマートスピーカー+α」だ。

とはいえ、現状Echoシリーズとの大きな違いとして、「YouTubeの閲覧」が公式にサポートされている点が挙げられる。反対に、Amazonプライムビデオの閲覧はできないだろう。

ご存知の読者も多いだろうが、AmazonとGoogleの確執は根深い。現在ChromecastをはじめとするGoogleのデバイスからはAmazonプライムビデオを快適に閲覧することができないし、Amazon製品であるEcho ShowやFireTVからはYouTubeの閲覧がサポートされていないのだ。

普段AmazonプライムビデオやYouTubeをよく見る人にとってはなんとも悩ましい問題である。紹介したスマートディスプレイが日本で手に取れるようになる頃には、両社の関係が改善していることを祈るばかりである。

日々スマートスピーカーを利用していると、段々と「検索」機能は使わなくなっていく。結局、一覧性のあるスマートフォンやタブレット、PCの「画面」で閲覧した方が圧倒的に効率が良いことも多いからだ。

その点、一見「どっちつかず」だが、スマホやタブレットとスマートスピーカーの「いいとこ取り」とも言えるスマートディスプレイには確かに需要があるように思える。

スマートディスプレイは、今年の流行語になれるだろうか? 今後も目が離せない分野になりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。