IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.02.24

スマートディスプレイって? 知っておきたいタブレットとの違い
スマートスピーカーの「次」、最新トレンドに迫る

BY

見出しを入れます見出しを入れます

2014年11月6日にスマートスピーカーの「先駆け」、初代Amazon Echoの販売を開始したAmazon。
日本では未発売だが、海外ではスマートディスプレイも既に発売している。現在のところ、「Amazon Echo」シリーズでスマートディスプレイと呼べるのは、昨年6月に米国で発売された「Echo Show」と、年末に発売された「Echo Spot」の2機種。

Echo Showは、タッチ操作可能な7インチディスプレイを備える。基本的にできることは従来のAmazon Echoシリーズと大きく変わらないが、このディスプレイで動画を視聴したり、内蔵カメラを使ってビデオ通話をしたりすることが可能だ。

大画面が売りのEcho Show(画像は米Amazon.comより引用)

画面を搭載したことで、スマートスピーカーによる音声解説だけでは実用的ではなかったシーンも幅広くカバーできるだろう。例えば料理の手順を知りたいときなど、音声でつらつらと説明されるだけではいまいち不安を感じるようなシーンで、特に便利さを実感できそうだ。

一方、Echo Spotは本体も画面も一回り小さく、丸い目覚まし時計のようなデザインになっている。ディスプレイのサイズは2.5インチなので、Echo Showのように大画面を活かして動画を見たり細かな調べ物をしたりするのには向かない。

しかしこの小さな液晶が、「スマートスピーカーは痒いところに手が届かない」と感じているユーザーのニーズを満たす可能性も大きい。

例えばAmazon Echoシリーズには、話しかけるだけで買い物をすることができる機能がある(音声ショッピング)が、このとき、自分が注文しようとしている商品を目で見て確認したいユーザーは多いはず。たとえそれが、いつも購入している洗剤の詰め替え用パックだったとしても、確認用にパッと写真を表示してくれるだけで、音声ショッピングへの安心感がぐっと増すことだろう。

価格もEcho Showの229.99ドルに対し、Echo Spotは129.99ドル。スマートスピーカー黎明期の日本では、Echo Spotの方が幅広い層に受け入れられるのではないだろうか。

日本でもヒットの予感、Echo Spot(画像は米Amazon.comより引用)

ちなみに、どちらも据え置き使用が想定されており、使用の際は外部電源が必要だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野
ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化
IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演
ウミトロンが追加増資で総額12.2億円を調達、水産養殖にIoTや衛星データを活用
これが世界の最新ガジェット! IFAに集まったスタートアップの面白デバイスまとめ
先進の8Kと現実的なHDR10+、AIとオーディオの動向。「IFA 2018」で見たもの

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。