サプリになった沖縄・長寿村の「ノビレチン」

シークヮーサーと沖縄の人々の“共生”(後篇)

2018.02.16(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
シークヮーサー。産地の沖縄県大宜味村で、この柑橘類との新たな関係が始まろうとしている。

 沖縄に自生する柑橘類「シークヮーサー」を題材に、人々と柑橘類の“共生”のありかたを追っている。前篇では、長らくほぼ個人利用にとどまっていたシークヮーサーが、20世紀後半より産業用にも利用されだしたという変遷をたどった。

 後篇では、人々とこの柑橘類の今後の関係を見ていきたい。沖縄県大宜味村(おおぎみそん)で採取されるシークヮーサーの果汁粉末を利用した食品が誕生した。科学研究の視点が加わり、人々はシークヮーサーが人にもたらす恩恵をさらに生かそうとしているのだ。

長寿の村「元気なのはシークヮーサーを食べてきたから」

宮城功光(みやぎ・のりみつ)氏。大宜味村村長。1972年より建設・工事業「宮太組」で勤務。1982年から大宜味村議会議員に7選。総務常任委員長なども務める。2014年10月から現職。村では、村内の小学校跡地を活用したシークヮーサー果汁を原料とする「ワイン」の製造や、餌にシークヮーサーを配合した養殖魚の育成などの計画もある。

 大宜味村は、沖縄本島の北部「山原(やんばる)」地域の一部をなす村だ。沖縄県内のシークヮーサー収穫量の半分以上を同村で占めている。

 1993(平成5)年には「長寿日本一宣言」をした。3000人強の人口のうち、90歳以上が約150人、さらに100歳以上も10人いる。最高齢108歳の女性は今も自炊や散歩を楽しみ、男性の最高齢102歳の村民はバイクやカーゴを運転してシークヮーサー畑で農作業にいそしんでいるという。

 村のシークヮーサーを全国でトップセールスしてまわるのが村長の宮城功光氏だ。「村のおじいさん、おばあさんが元気なのは、シークヮーサーを食べてきたおかげです。肌の艶がよい理由を尋ねると『小さいときからシークヮーサーを食べていたからだよ』とおっしゃいます」と話す。

豊富な成分「ノビレチン」を生かすための研究と成果

 大宜味村のシークヮーサーに、新たな活用法が登場する。食や健康に関する事業に力を入れているロート製薬により、シークヮーサーの果汁粉末を配合した食品が3月に発売されるのだ。

 同社はここ数年、沖縄の食や農業に関心をもち、各種事業を展開してきた。2014年には有機加工食品工場を営む「ケレス沖縄」を小会社化し、沖縄を拠点とする事業をさらに模索していた。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。