IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.19

CES 2018で見たコネクテッドな生活の近未来
IoT時代、<家の中での体験>も変わる

BY

 実はこの「Alexa, ・・・」で始まる吹き出し風のアイコンは、CES 2018の間じゅう、ノキア以外の複数の企業の展示ブースでも(そしてスマートホームの企業の展示ブースでも)度々目撃することになった。

 アマゾンが(スマートホームはもちろんのこと)ウェルネス市場においても、アレクサをお客さまとのインターフェイスとして定番に位置付けようとしていること、そして巧みなイメージ戦略によってその動きを加速させようとする手口が透けて見える。

 また、前述のフィリップスが健康管理ハブとして設計・開発した「コンセプトミラー」も、打ち出しとしては印象深いと感じた。

 フィリップスは、将来的にはコンセプトミラーと同社のWi-Fi対象商品である体重計やオーラルケア機器、スキンケア機器と連動させていく計画らしい。

 ミラーの鏡面部分に、お客さまの健康状態をハーフスクリーンのようなイメージで表示することが可能になるという。

 iTunesやGoProのような秀逸なコンセプトを持って生まれた商品やサービスは、お客さまの体験を変え、「楽曲ダウンロード」や「自撮り動画」のように従来には無かった新しい習慣を生み出す。

 朝、起きて洗面台のミラーの前に立ち、眠たい目をこすりながら、まずは健康状態のチェック、というのがIoT時代の新習慣になる日も近いだろう。

 たとえ、どんなにテクノロジーが進化したとしても、人間に生まれた以上、病気や老化、死といった生物学的な宿命からは逃れることはできない。

 IoTの本質が、データを駆使してお客さまの近未来のエクスペリエンスの予測と改善提案を提示することだとしたら、ウェルネス領域のサービスはお客さまが察知していない発病や死のリスクを気づかせ、さらに健やかな気持ちで充実した人生を送れるような改善提案をしていくことになるだろう。

「コネクテッド」でクオリティ・オブ・ライフが向上する恩恵を最も受けるのは、実はウェルネスの領域なのかもしれない。

 次回(3月)の寄稿では、CES 2018で未来が近くなることによって垣間見えたさまざまな課題について紐解いていきたいと思う。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

第9回:MAツール導入で新規事業が急成長--構造計画研究所の場合
5GとIoTに潜むセキュリティリスク 全てが“つながる”ことの危険
東京エレクトロン デバイスとぷらっとホーム、セキュアなIoTシステム構築を共同で支援
IoT人材を子どものうちに育てる--ソフトバンクが学習キットを提供
LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。