IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.03

「スキル」ってなに? 機能で選ぶスマートスピーカー
機種によってできることが違う? 気になる人気の機能とは

BY

1月18日、Amazon.co.jp(以下、Amazon)は同社が2017年11月に販売を開始したスマートスピーカー、「Amazon Echo」シリーズで利用できる「Alexaスキル」の2017年12月時点での人気ランキングを発表した。

Alexa(Amazon Alexa)とは、Amazon Echoシリーズに搭載されている音声認識AIアシスタント(以下、音声アシスタント)だ。音声アシスタントは言わば、スマートスピーカーの頭脳。「スキル」、もしくは「Action(以下、アクション)」と呼ばれるものはスマートフォンで言うところの「アプリ」にあたる。ざっくりと言えば「機能」、「できること」だ。

現在国内で販売されている主なスマートスピーカーには、AmazonのAlexa(アレクサ)、GoogleのGoogleアシスタント、LINEのClova(クローバ)というようにいずれかの会社が開発した音声アシスタントが搭載されている。

それぞれ微妙に機能が異なるが、Amazonでは他社サービスとの連携機能や個人開発者製の追加機能のことを「Alexaスキル」と呼んでいる(LINEはサードパーティ製機能を含めた機能全般をスキルと呼んでおり、Googleも機能全般をアクションと呼んでいる)。

音声検索や声でアラームをセットしたりといった「スマートスピーカーでできること」と聞いてパッと思いつくような機能は、どのスマートスピーカーでも購入時の状態ですぐに使える。

実際にAmazon Echoを購入した人は、それ以外にどんな追加機能を使っているのだろうか。冒頭に挙げたAlexaスキルのランキングを参照しながら、スマートスピーカーの機能や実際の使われ方を見てみよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。