IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.25

企業トップが「なりわい」革新を唱えたCES 2018
IoT時代、<企業間競争のゲームルール>が変わる

BY

 いずれにせよ、豊田章男社長が言及する「サービスのモバイルハブ」の延長線上には、スマートシティ・スマートハウスというもう1つの主要市場との積極的な関わりがあり、そこに近未来のトヨタの「なりわい」を「モビリティ・カンパニー」からさらにもう一歩進化させるためのヒントがあるのかもしれない。

 何はさておき、内容的にも演出的にも豊田章男社長のプレゼンテーションは見事の一言に尽きる。日本発のグローバル企業が世界とどう向き合い、どう惹きつけるのか、1つのお手本を示した、と言えるだろう。

フォードは「都市を元気にするソリューションカンパニー」へ

 次に、2016年にマーク・フィールズCEOが「自動車会社からトランスポーテーション(運輸)企業となる」と宣言したフォードを見て行こう。

 現社長&CEOのジム・ハケットが基調講演に登壇、近未来のスマートシティを彷彿とさせる巨大なCG映像を背景にして着席しながら語るスタイルで約20分のプレゼンテーションを行った。

 そしてフォードが自動車会社の枠組みを超え、スマートシティに貢献する企業に転換することの意義やその背景にあるフィロソフィについて力説した。

【映像】#FORD 2018 CES Jim Hackett Ford CEO Keynote
(長いビデオだが、ハケットCEOがコンセプトを語るのは冒頭の約20分)

 フォードはデータとソフトウエアとAIを駆使して、トランスポーテーションを基軸に都市を元気にするソリューションカンパニーに転換する。

「われわれは自動車とテクノロジーをどのように融合するのか、世界中の移動のシステムをどのように再デザインするのか、そして移動のシステムはコミュニティを取り巻くような形でデザインされるべきか?」
(原文は英語:ハケットのスピーチから抜粋)
 

 ハケットが講演の中で強調していたように、20世紀の初頭、モータライゼーションの到来を予知し、T型フォードの成功などを通して、全米にかつてない自動車社会を創り上げた老舗企業の幹部の発言であることに大きな重みがある。

 フォードは現在、顕在化しつつある都市やコミュニティの分断の問題を、スマートシティの構想を発展させることによって解決する社会的な責任があると考えているようだ。 

 フォードは現在、クラウドサービス「Transportation Mobility Cloud(以下、TMC)」を構築している。

 TMCは全てのカテゴリーのトランスポーテーションに利用可能であるので、これにより、あらゆる企業が運輸ビジネスを迅速に構築することが可能になる。

 つまり、各都市はTMCにあわせて最適化を図れるし、逆にTMCに都市独自のローカルルールを設定することでカスタマイズも可能である。

 TMCは、フォードによるオンデマンド型ライドシェアサービス「Chariot」を運用するために、既にサンフランシスコなどの都市で実装されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス
パートナーを重視するArmのIoT戦略、日本市場に期待
韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用
“100通りの課題に100通りの使い方”名刺サイズのIoTを提案するビッグローブ - 2018 Japan IT Week 春より
東電とインフォメティス、電力×機器分離技術によるIoTプラットフォーム事業を本格展開
養殖エビを救え!IIJがタイで水質モニタリングを実証実験
今なお人気の「Arduino」、IoT時代の到来で
ソニー、低消費電力IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボードを商品化
農業や漁業といった一次産業から建設現場まで。幅広い分野でのIoT利活用を提案するNTTドコモ - 2018 Japan IT Week 春より

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。