IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.13

反撃の狼煙を上げる「日本製」音声認識AI
日本産の音声アシスタントはGoogle、Amazonに太刀打ちできるのか

BY

18億回以上利用された、NTTドコモの「しゃべってコンシェル」

まずは、2012年3月1日より提供されているNTTドコモ(以下、ドコモ)のしゃべってコンシェル。通信キャリアにNTTドコモを使用している読者の多くにとって、執事服を着た羊のキャラクターはなじみ深いだろうし、そうでなくとも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。

スマートフォンの画面上にいるキャラクターに向かって、利用したいサービスや調べたいことを話しかけて利用する。

デフォルトの羊以外にも、豊富な選択肢から自分の好きなキャラクターを選んでアシスタントに設定できることや、iOSとAndroidどちらでも利用可能(iOS版はホーム画面上にキャラクターを表示させておくことはできない)な点が特徴だ。

前身サービスである「iコンシェル」と違い、事前申し込み不要、基本無料で使用することができる。Siriの日本語対応(2012年3月8日)に一週間ほど先駆けてリリースされたことも、当時話題となった。

このサービスで培った技術や知見は同社の他AIサービスにも生かされており、しゃべってコンシェルの技術を応用した「自然対話プラットフォーム」を採用した対話型ロボット玩具「OHaNAS」をタカラトミーと共同で開発。2015年10月に発売している。

さらに2017年6月23日、ドコモは2018年提供予定の新AIサービスの基盤となる「AIエージェントAPI」を開発したと発表した。

発表によると、AIエージェントAPIを構成する柱の一つである「多目的対話エンジン」は、18億回以上の利用実績があるしゃべってコンシェルなどで培った自然言語処理技術によって自然な対話を通したサービス提供を可能とするとのこと。

加えて2017年10月18日には、2018年春に「AIエージェントサービス」を提供予定だと発表している。こうした動きからも、ドコモがAIや音声認識分野への研究開発を意欲的に行なっていることが分かる。

しゃべってコンシェルと同じく、ドコモユーザーのみを対象としたサービスも多いだろうが、6年近くに渡って蓄積してきた音声アシスタントの知見をどのようにサービスへ落とし込むのか、大いに期待したいところだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース
小谷村、IoTを活用して健康情報共有(ニュース)
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第2回 中国がIoT/5Gで世界を制覇する可能性
[ケータイ Watch.biz] さくらインターネット、月額12円のIoT向けSIM
【CES 2018】 「スマートディスプレイ」などIoT向け技術をアピールするクアルコム
IoT人気記事ランキング|CES2018レポートなど[1/8-1/14]
産業分野のディープラーニング活用を推進するAIカードを発売 - PFU
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第1回 IoTによる経済価値創出のための5G開発
不在時の宅配物を守るIoTロックシステム ーCES2018レポート14

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。