“自給的”肉食を2年間続けた女性が発見したこと

『生き物を殺して食べる』で食の方法を見つめ直す

2018.01.12(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 たとえば、養殖場のサケは、川を遡上することなく陸に上げられ、打撃で気絶させられ、エラを取られる。これを知った著者は「わたしが問題視するのは、このみごとな生き物たちの殺し方だけでなく、野生を剥奪していることなのだ」と嘆く。

 けっして、ベジタリアンでも、より厳格なビーガン(完全菜食主義者)でもない。自分が狩りで獣を仕留めたときには、自分に誇りを感じ、死んだ獣に感謝し、そしてその肉を食べて味わう。それを基準だとすれば、人間の作ったシステムのなかで屠られていく生き物たちの姿は、あまりに不自然と感じたのだろう。

気づかぬまま広まっている過去と現代の隔たり

 人類はもともと肉食性の生き物だ。生物界では、食物連鎖の頂点の1つに立つ。だから、肉食をやめることのほうが、むしろ生物としてのヒトらしさから遠ざかるように筆者には思える。

 だが、長きにわたりヒトの営みとして自然に続いてきた肉食の方法と、現代に入りヒトの編み出した肉食の方法には大きな隔たりができてしまった。そして、社会に顕れる新たな技術に「時代はここまで来たのか」と驚くのとは違って、私たちが現代の肉食の方法が昔とずいぶん異なってしまったことに気づく機会は少ない。

「自分で生き物を屠らなくても、せめてそれがどうやってそこにたどりついた肉なのか知る努力をすべきだ」というのが著者のメッセージだ。食べる肉を、そして肉を食べることを見つめ直す機会はそうそう多くない。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。