IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.26

損保会社が注目するMomoの“ながら運転”防止デバイス
飲料メーカー、物流会社も採用を決めた低コストのIoTソリューション

BY

スマートフォンを操作しながらの行動は、歩行中であれ乗り物の運転中であれ、危険な行為である。先日はついに、スマホを操作しながら自転車に乗っていた女子大生がぶつかった歩行者を死なせてしまうという重大事故が起きてしまった。またクルマの場合は以前から事故の原因として運転手がスマートフォン操作をしていたなど、“ながら運転”であるケースが後を絶たない。実際、警察庁のデータによると平成23年と比較した平成28年は、事故件数全体が減っている中でスマホ等を使用中の事故件数は約1.6倍になっているという。

原付以上運転者(第1当事者)の交通事故件数と携帯電話使用等に係る交通事故の発生状況(平成23年以降) ※警察庁提供数字よりMomoにて作成

そんな社会問題化している“ながら運転”をなくす事業用車向けのIoTソリューションについて、IoTベンチャーのMomoが12月20日に発表会を開催した。発表会の席上では同社の代表取締役である大津真人氏によるプレゼンテーションを展開。その技術についての紹介が行われた。

Momo代表取締役 大津真人氏
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIと東芝、5G時代の「グローバルIoT」で協業--データ収集から活用までワンストップで
新コンセプトの見守りサービス「スマート電池」
KDDIと東芝、東芝デジタルソリューションズがグローバルIoT事業で協業
IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開
ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。