IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.21

“不気味の谷”越え間近、ロボットやAIの活用方法
人間が望むロボットの「らしさ」とは

BY

GoogleやAmazonから出ているAIスピーカーや、ロボットが接客するホテルとしてギネス記録に認定された「変なホテル」など、AIやロボットが我々の生活に浸透し始めている。

今後AIやロボットはどのような場面で活用されていくのだろうか? ここでは、事例を交えながら考察してみたい。

わずか10秒で原稿作成、記者は人間からAIへ

日本経済新聞社の「決算サマリー」サービスは、3,600社の決算開示情報から、売上高や利益などのデータとその背景をAIが要約して自動的に配信するサービスだ。このサービスの「業務」に人の手はかかっておらず、すべてAIによって運営されている。10秒足らずで原稿を作成できるということで、各種メディアでも話題となった。このように、人間からAIへシフトする仕事が出始めている。

ジャストシステムが10月に発表した『人工知能(AI)& ロボット 月次定点調査』では、市役所業務の6割以上がAIに置き換わると考えられているようだ。

一方で、同調査11月の発表を見てみると、「提供するサービスによって、人間らしさとロボットらしさを使い分けるべき」「画家や陶芸家などの芸術家は、AIに置きかわってほしくない」など、ロボットに代替されたくない仕事もあるという結果が出ている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業
省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。