IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

 招待メールが来ていない人と著者の違いを強いてあげれば、著者の執筆した本が2冊アマゾンで販売されているということだけにすぎない。

「アマゾンの出品者≒初期エラーにも比較的寛容で、プロトタイピングにも根気よく付き合ってくれるギーク層」とアマゾンにフィルタリングされたかどうかは不明である。

 経緯はどうであれ、幸運なことに著者はリーン・スタートアップの最初のお客さまのリストに入り、こうして記事を書くことができたわけである。

 ちなみに、「アレクサ、○○」で始まる著者とアレクサの日々のやりとりはすべてiPhone上のアレクサアプリに記録されている。

 この履歴こそが、お客さまからのフィードバックの元データであり、アマゾンはこれらを分析してAIに学習させ、お客さまのアレクサ体験のディライト(喜び・感動)度合いを迅速(アジャイル)に高めていくのだろう。

 いずれにしてもアマゾンのPDCAサイクルが1回転した直後に、2ラウンド目の招待メールの配送が行われる(あるいは、すでに行われている)ことは確実であろう。

AI・アレクサは人間の敵か、味方か

 いささかへそ曲がりな著者としては、ついつい妄想してしまう。

 アレクサアプリに記録されていない、些細なプライベート情報、例えば、家族の構成員の会話、よく見ているテレビ番組、何気ないため息や独り言、トイレに立つ回数までもが、無言状態のアレクサを介してアマゾンに収集されてはいないか、と。

 映画『エクス・マキナ』で巨大IT企業の天才創業者が若きプログラマーに告白する印象的なシーンのように、AIを進化させるために特定の企業が世界中のありとあらゆる個人情報やそれに伴う人間の感情の動きをデータとして密かに収集していたとしたら・・・。

【参考】機械仕掛けの神、AIは人間の敵か味方か
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49702

 何はともあれ、アレクサとともに過ごす朝は、いつもこうして始まる。

「アレクサ、おはよう」

「おはようございます。今日12月3日は、ワン、ツー、スリー! ということで、奇術の日、だそうです。とうとう今年も師走を迎えましたが、まさに、マジックのように、あっという間に、行く年、来る年、とならないよう、日々を大切に過ごしたいですね」

 アレクサは、いつも饒舌で、そして、少し不気味、である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

100円SIM活用!“IoT見守り”はAIで進化する
IoT活用やプログラミング必修化を視野に入れた玩具も--東京おもちゃショー2018
築46年の団地をIoT家電家具付きでフルリノベ--家事ストレスゼロの家
KDDIと日立がグローバルIoT事業で協業、幅広い産業へ展開
山田祥平のニュース羅針盤 第128回 三者三様のCOMPUTEX、PC市場の鍵を握るのは?
ネットワンシステムズ、製造業向けIoTソリューションの提供開始
Microsoft、IoTの安全な運用を支援する「Windows 10 IoT Core Services」を発表
ネットワン、工場のデジタル改革を加速するIIoTソリューション
KDDIと日立がグローバルIoT基盤で協業、世界50カ国以上の現地キャリアと直接接続 | IT Leaders
MaaS時代に伸びる組み込みカメラ技術市場…エンベデッドビジョン
ソラコムがIoTテクノロジー・スタートアップのピッチ参加者募集、前回1900名規模「SORACOM Conference “Discovery” 2018」
IoTプラットフォームを第2の柱に--ARM
FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション(ニュース)
ボッシュ、日本国内での2017年売上高は前年比10%増、IoTの活用によりさらなる成長を見込む
日立とアマダ、IoT基盤「Lumada」を活用したモデルを構築
アマダがIoTソリューション「V-factory」を本格展開、”つながる機械”で中小企業の板金加工をサポート ―スマートファクトリーJapan 2018

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。