IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

アレクサの導入戦略の基本は「リーン・スタートアップ」

 以上、アレクサについてのファーストインプレッションを書いてきたが、アレクサの基本的な機能とそれによってもたらされる新鮮なエクスペリエンス(ブランド体験)にもまして興味深いのが、今回のアマゾンによる導入戦略である。

 それは「リーン・スタートアップ」と呼ばれる、エクスペリエンスデザインの分野では常識となりつつある手法である。

 最初は、限られたお客さまに最小限の(リーンな)サービスでスタートし、お客さまからのフィードバックを元に迅速(アジャイル)に改善を繰り返しながら、お客さまの間口とサービスの完成度を上げて行く。

 IoT時代の競争優位は、「学習速度のスピードの速さ」なのである。

 ちなみに「リーン(Lean)」とは、希薄な、とか筋肉質の、という意味を表す英語である。

リーン・スタートアップの概念図。株式会社ディライトデザインのHPより)

 著者のメールログから今回のアレクサの導入戦略を辿っていくと、

・2017年11月8日(水)アマゾンカスタマーサービスからエコードットの「招待メール」が届く。即日、リクエストメールを返信。

・2017年11月15日(水) カスタマーサービスからエコードットの招待者に選ばれました、という内容のメールが届く。招待購入のためにアマゾンのエコードットの商品ページへ行き、カートに入れ、レジに進み注文を確定で購入(招待割引=プロトタイピング協力費適用で2000円OFF)。

・2017年11月16日(木) ヤマト運輸便で自宅にエコードットが届く。

といったタイムラインであった。

 著者の周りにもアマゾンプライム会員は多いが、カスタマーサービスから招待メールが来ない、という人が大多数のようだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

つぎの注目分野は“不動産テック” 【iNTERNET magazine Reboot】
ブロックチェーン技術で社内データや知的財産をデジタル・アセット化するプラットフォーム「Keychain DAP」 〜金融機関やIoT向けに分散型認証サービスを提供するKeychainが開発
DMPでIoTデータを活用--インティメート・マージャーが高精度のクロスデバイス推定技術
IoTセンサー込みで月額500円から、アステリアがエッジIoT向けのミドルウェア「Gravio」新版を提供
新生アステリア(旧インフォテリア)が仕掛けるAI/IoT戦略「エッジウェア」とは?
呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達
TED、長距離Bluetooth通信、複数BLEデバイス同時接続を実現する「Cassia BLTキット for Azure」を販売開始
ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」、Azure IoT Edgeデバイス認証を取得
独自のLPWA通信規格、ソニーが世界普及目指す
オフィスでIoTセンサーを活用するソフト、アステリアがセンサー込みで提供 | IT Leaders
IPアドレスを使わずセキュアなIoT通信を実現する「NIDD」、ソフトバンクが試験サービス提供へ
Ayla NetworksとTata Elxsi、CSPを支援するパートナーシップを締結
ケイ・オプティコムら、長野県大町市でIoT活用の児童見守りサービス
フォルクスワーゲン、コネクテッドカーのインフラにMicrosoft Azureを採用
Agx、スマホ不要・マルチデバイス対応BLEルータ「Cassia Networks E1000/X1000」向けIoTクラウドに「ThingScale」を採用
KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。