特に「二つの百年」という目標の実現が中華民族の偉大な復興戦略のキーとなることを強調している。

 「二つの百年」とは、現在から2020年までの間に小康社会の全面的建設に決定的に勝利し、その後の200年は「社会主義現代化国家の全面的建設」を目指すとしている。

 その中で2020年から2035年の第1段階では、「社会主義の現代化を基本的に実現」する。

 2035年から今世紀中頃までの第2段階では、「社会主義の現代化強国の建設」を目指し、中国を「総合国力と国際的影響力において世界的な指導国家にする」としている。

 これに連動し軍建設については、2020年までに機械化、情報化を大幅に進展させ戦略能力を向上させる。2020年から2035年の間に国防と軍隊の現代化を基本的に実現し、今世紀中ごろには人民軍隊を全面的に世界一流の軍隊にするとしている。

 さらに台湾との両岸政策については、台湾問題を解決し祖国を統一することは中国の人々の共通の願いであるとともに、中華民族の根本的利益がここに存するのであり、中国が「両岸関係」の政治的基礎と位置づけ、「一つの中国」を体現しているとする「92共識」を体現することが、両岸関係の平和的発展の基礎になるとしている。

 「両岸は一家であるとの理念を持ち」、両岸の文化経済交流を拡大し、台湾同胞に「大陸同胞と同じ待遇を与え、精神の一致を促進する」と表明している。

 これは両岸の経済文化交流を通じて台湾国民の大陸への心身両面での同化を進め、その独立心を削ぐことを狙った長期戦略の表明と言える。

 他方では、「我々は国家の主権と領土の完全性を堅固に維持する。国家の分裂という歴史的悲劇を決して繰り返させない」と、台湾併合への意思を鮮明にしている。

 さらに、「我々は堅固な意思と十分な信念をもっており、いかなる形の”台湾の独立”という国家分裂の策謀をも挫く能力を持っている。我々はいかなる者、組織、政党であれ、いついかなる形態であれ、一片の領土たりとも中国から分断させることは決して許さない。」と、台湾独立への動きを決して許さないこと、特に台湾内部はもとより外部からの干渉も一切許さないとの意思を強調している。