IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.23

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【2】
AIブームを生んだ深層学習モデル、実用化を阻む弱点も

BY

深層学習の精度が上がった2012年

 基本的なことに立ち返ってみよう。AI技術と一般的に表現されているものは、現在、深層学習(ディープラーニング)を含む機械学習(マシンラーニング)の手法をその一部として持つ包括的な概念だ。

 ここ最近みられるAI技術の急速な発展と開発の盛り上がりは、深層学習の技術によるところが大きい。これは、人間の神経細胞(ニューロン)をモデルにしたニューラルネットワークという情報処理システムを用いて、大量のデータから学習していく手法だ。

 Preferred Networks(PFN)が開発した「Chainer」も、このニューラルネットワークの設計、学習、評価といった深層学習の研究開発の土台となるもので、幅広い分野で活用が進んでいる。

 「深層学習というものがすごい」と世間の注目を集めたのは、2012年の出来事だ。世界的なAIの画像認識のコンテストであるImageNet Large Scale Visual Recognition Competition(ILSVRC)で、2012年に深層学習を使ったトロント大学のKrizhevskyのチームが圧勝したのだった。

この出来事以来、コンテストの上位チームは軒並み深層学習の手法を用いるように

 このコンテストは、コンピュータが写真などを解析し、そこに写っているものが何であるかを認識する技術を競うものである。従来の機械学習の方法を用いた他チームのエラー率が26%前後であったところを、この優勝チームは新たな手法である深層学習モデルによってエラー率15%台をマークした。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野
ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化
IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演
ウミトロンが追加増資で総額12.2億円を調達、水産養殖にIoTや衛星データを活用
これが世界の最新ガジェット! IFAに集まったスタートアップの面白デバイスまとめ
先進の8Kと現実的なHDR10+、AIとオーディオの動向。「IFA 2018」で見たもの

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。