伝統社会の人々は迷信から魚を避けていたのではない。実は、現代人メリットであると考えているオメガ3脂肪酸には、伝統社会を生きる彼らにとっては大きなデメリットをもたらしていた。オメガ3脂肪酸が出血を長引かせる効果を持っているのだ。事実、イヌイットはこの問題に苦労していた。また、魚に含まれる豊富なビタミンDはビタミンD中毒(腎結石や悪心、便秘などの症状をもたらす)を引き起こす恐れもある。

食品と健康の関係を問い直そう

 本書を読み進めるうちに、全面的に健康に良い食品や健康にい悪い食品などほとんどないことが痛感される。そして、自分がどのような種類の健康を望むのかについて考えさせられる。健康にも短期的なものと長期的なものがあり、どちらを望むかは各人の価値観によって選ばれるべきものだ。You are what you eat(あなたは、あなたが食べたものからできている)と言われるように、何を食べるかとう選択は、どのような人生を望むかという選択に繋がっている。

ダイエットの科学―「これを食べれば健康になる」のウソを暴く
作者:ティム・スペクター 翻訳:熊谷 玲美
出版社:白揚社
発売日:2017-04-28

 

ダイエットにまつわる神話を科学の力で次々に暴いていく。『食と健康の一億年史』と合わせて読めば、明日からの食事が一変してしまうかもしれない。レビューはこちら

サルなりに思い出す事など ―― 神経科学者がヒヒと暮らした奇天烈な日々
作者:ロバート・M・サポルスキー 翻訳:大沢 章子
出版社:みすず書房
発売日:2014-05-23

 

『食と健康の一億年史』と同じ大沢章子さんによる翻訳の大傑作。ゴリラになりたかった著者がアフリカでヒヒと暮らした愉快で哀しい、人生を楽しくさせてくれる一冊。レビューはこちら

赤の女王 性とヒトの進化 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
作者:マット・リドレー 翻訳:長谷川眞理子
出版社:早川書房
発売日:2014-10-24

 

 

進化がどのような競争において実現されているかを考察する一冊。レビューはこちら

村上 浩
1982年広島県府中市生まれ。京都大学大学院工学研究科を修了後、大手印刷会社、コンサルティングファームを経て、現在は外資系素材メーカーに勤務。学生時代から科学読み物には目がないが、HONZ参加以来読書ジャンルは際限なく拡大中。米国HONZ、もしくはシアトルHONZの設立が今後の目標。

◎こちらもおすすめ!
『平均思考は捨てなさい』 みんなちがって、みんないい
肥満に至る道はひとつではない──『人はなぜ太りやすいのか――肥満の進化生物学』
『1493 世界を変えた大陸間の「交換」』 こうして世界は再び一つになった
犬! 飼わずにはいられない!──『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』
『知のトップランナー149人の美しいセオリー 』 あなたの知らない美しい世界