IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

人はリアル店舗に何を求めるのだろうか。

「デス・バイ・アマゾン」(Death by Amazon)。

「アマゾン恐怖銘柄指数」とも呼ばれるこの株価指数は、アマゾンの収益拡大や新規事業参入などを受け、業績が悪化すると見込まれる米国の小売関連企業54社で構成される。

 54社に含まれるのは百貨店のJCペニー、小売業最大手のウォルマート・ストアーズ、食品スーパーの最大手クローガー、会員制卸売のコストコ・ホールセール、そして書籍チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルなど、いずれも著名な大手企業ばかりである。

 デス・バイ・アマゾンは、米投資情報会社のビスポーク・インベストメント・グループによって2012年2月に設定された。

 2017年6月、アマゾンによる高級スーパーのホールフーズ・マーケットの買収(買収額は137億ドル:約1.5兆円)が発表されると、この指数は一時、時価総額ベースで320億ドル(約3.5兆円)もの下落に見舞われ、日本でも大きなニュースになったことは記憶に新しい(参考:http://www.quick.co.jp/6/article/12478)。

 54社に含まれる企業の店舗に、あるお客さまが洋服を買いに出かけたところ、洋服の売り場がAmazon Echoの売り場に改装されていた、という笑えない話も伝わってきている。

 いかに事業規模が大きくとも、リアルの店舗がアマゾンの「豊富な品揃え」や「デリバリーのスピード」に真っ向勝負を挑むことは難しい。
 
 それでは、デス・バイ・アマゾンの企業は文字通りこのまま死を迎えるのか。危機を乗り越えるための打ち手はないのか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

電源・配線不要でトイレの「満室」表示するIoT、二条城で実験運用も
Keychainがブロックチェーンを活用したIoT向けセキュリティソフトを開発、8MBのメモリで稼働
IoT人気記事ランキング|製造業のデジタル化において今やるべきこと、スマートレジカートでレジ待ちなしスマートストアなど[2/12-2/18]
送迎バスの現在位置がLINEで分かる「モークル」…ドラレコIoT
大も小もIoT、建機の遠隔施工から手軽なトイレIoT化まで
IoTで運行状況を可視化 - ガソリン使用量削減に取り組むキヤノンS&S
「IoT買ってきました!」ができる簡単システム「Palette IoT」【3/22体験展示】
物流網は末端に自律分散される流れへ ―八子知礼 x 小泉耕二【放談企画 第2回】[Premium]
つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか
and factory、秋葉原にスマートスピーカ完備の“IoTホステル”--観光案内も声でお知らせ
トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。