IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.06

スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?
音声認識AIの「会話」面について考察する

BY

「口語=文語の代用品」ではない? 自然な会話を成り立たせるカギは

シーマン人口知能研究所(以下、SAIL)が2017年9月1日(金)より、これまで同研究所が構築してきた「会話型AIのための新口語文法体系」を九州大学と共同研究していくことを発表した。

SAILは、1999年に一世を風靡した「シーマン」という音声認識を使ったテレビゲームで代表の斎藤由多加氏が培った知見を活かし、発話者の抑揚などを理解してより正確な受け答えができる会話エンジンの開発を目指す、今注目の研究所だ。

SAIL公式サイトで読むことのできる「人工知能学会誌2017年3月号No2 172pー179P/シーマンは来るべき会話型エージェントの福音となるか?:斎藤由多加インタビュー」によれば、斎藤氏は従来の音声認識AIが文語ベースであることを指摘し、これを「抜本的に見直すべき」としている。自然な会話を実現させるには「口語のための文法をつくり直すしかない」とのこと。

確かに、普段私たちが周りの人と行なう会話を思い返すと省略に次ぐ省略。相手や自分の想像力に頼る部分が多く、主述も何もあいまいなことがほとんどだ。
もしも、終始SiriやGoogleアシスタントのような口調で話す人物が職場にいたら、煙たがられることは必至だろう。

前出のインタビューで、斎藤氏は以下のように語っている。

「家の中で人と自然に共存できる人工会話があるとしたら、それは『今日、ジャイアンツ勝ちましたか?』とか『今一番売れている本はどれですか?』(中略)という事務的なリクエストに答えるAIではなくて、『振られちゃった』と言ったときに『マジ?』と言ってくれるAIが、求められているものの半数を超えると思います。情報を取得する手段や、自分の代わりにインターネットで検索するものではなく、ただ聞いて感情を共有してくれるだけでいい」

よりユーザーに寄り添った「人間くさい」音声認識AIは、斎藤氏が語るようにSiriやGoogleアシスタントとは、全く別のアプローチから生まれてくるのかもしれない。

忠実な「秘書」として、海外では独走状態の人気を誇るAmazon EchoのAlexa。いよいよ国内での発売を控え、日本でもまず間違いなくヒット商品となるだろう。

しかし今後、日本人の「親友」の座を勝ち取るのはどの音声認識AIなのか。「秘書」と同一のAIなのか、それとも全く別のAIが台頭してくるのか。日本語という言語の難しさや海外との文化の違いを踏まえると、まだまだ結論は出なさそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始

“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始

“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

IoTニュース

そもそもなぜITセキュリティを考えなくてはならなくなったのか?~第2回SIOTPスキルアップセミナー~
進みつつある家庭向けIoTソリューション 【iNTERNET magazine Reboot】
SIM1枚で3キャリアを切り替え。さくらインターネットのIoT向けSIMがサービス強化
コネクシオ、IoT環境のセキュリティを強化するパッケージ「Smart Ready IoTセキュアパック」
目的に応じてモジュールを交換、電球ソケット接続型のIoTデバイスが支援を募集中【やじうまWatch】
さくらインターネットのIoT/M2M向けSIMサービス、マルチキャリア対応を開始
言葉はいらない 「IoT鳩時計」が作る新しいコミュニケーションのかたち
第222回 初期費用ゼロ円はArmにとっても良いアイデア?
サン電子から「おくだけセンサー」、ソリューションとセットで
亀山電機、キヤノンITS、toor、サイバネットの4社、ベルトコンベアの予知保全に関するPoCを実施
製造業IoTを加速するEdgecross「FAとITの溝を埋める」
サイバーセキュリティ経営を進める「戦略マネジメント層」が不足している――NISC内閣審議官 三角育生氏
LoRaで静止画を送るAIカメラ付きLED屋外照明――電源不要でコストは「従来の50%以下」
協和エクシオ、Azure IoT Edge活用のエッジ画像処理を実証へ
2019年のデジタル変革の方向性--AI、ロボット、IoTが中心に
倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは?(デジタルヘルス・インサイド)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。