IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.31

「VR人口10億人時代」に向けて日本がすべきことは
日本でのVR普及が遅れている理由や対策について考察する

BY

ビジネス利用の拡大と廉価版HMDが普及の鍵となるか

それでは、日本ではどのようなアプローチをすれば、来る「VR人口10億人時代」に取り残されずに済むのだろうか。

それにはやはりVRの用途拡大=「一般層にも分かりやすい、ゲーム以外での魅力的な活用事例を増やす」ことと、単体で動作可能かつ現実的な価格・品質のHMDの普及は必須だろう。

ユニークな事例を一つ挙げると、たとえばウェディング業界。ワタベウェディングは2016年8月26日より全国の店舗にサムスンの「Galaxy Gear VR」を導入し、日本にいながら花嫁目線でハワイのチャペルの様子を体感できるコンテンツなどを提供している。

ワタベウェディングのプレスリリースより

リゾートウェディングは近年流行しているが、場所が場所だけに何度も下見に行くことは難しい。そこでVRを用いたバーチャル体験を提供し、当日まで現地に行けずともイメージを掴んでもらおうというわけだ。

用いている技術は目新しいものではないかもしれないが、もともとVRと相性が良いとされる旅行業界ではなく、ウェディング業界にVRを持ち込み、二つの流行を掛け合わせた面白い試みだ。

そして、肝心のHMD。とにかく「VRとはどんなものか」ということを認知させたいだけなら、今までのように紙製などの簡易HMDをイベント会場や雑誌の付録などで配布していく方法もある。しかしそれだけでは「へー、面白いね」で終わってしまい、市場の成長にはつながらない。それも必要だろうが、もはや次の手を打つ段階だろう。

VRがどんなものかを知り、興味を持ったライトユーザーが「もう少し上質なVR体験をしてみたい」と思った時、出せる金額はせいぜい一万円程度ではないだろうか。

その価格帯だと、サムスンの「Galaxy Gear VR」やGoogleの「Daydream View」が挙げられる。スマートフォンをセットして使うタイプのHMDで、ハイエンド型には劣るもののそこそこ高品質な体験ができる。しかしセットできるスマートフォンの機種が極端に限定されている物が多い上に、比較的高スペックな端末が要求される。安い!と思って飛び付いたらトータルでのコストは5万円を超えてしまった……なんてことはざらだ。

その点、「Galaxy Gear VR」はサムスン製のスマートフォンであれば大抵使用できるため、このタイプでは頭一つ分抜きんでてヒットしている。しかしそれでも、限定された機種のスマートフォンが必要な点は変わらない。ゲーム機やPC、スマートフォンを使わずともある程度高品質なVR体験ができる手ごろなHMDが欲しい、というのは贅沢な願いなのだろうか?

実は、そんなHMDが近々発売される予定だ。冒頭で紹介した「Oculus Connect 4」というイベントで、PCもスマートフォンも必要としない、スタンドアローン型のHMD「Oculus Go」が発表されたばかり。価格は199ドル(約22,000円)、2018年度の出荷となる予定とのこと。

Introducing Oculus Go

価格だけ見ると、「ちょっと興味がある」層がこぞって手を出すかどうかは微妙なところではある。しかし体験の品質やコンテンツによっては、十分ヒットの可能性を秘めている。

Oculusでは同じくスタンドアローンの「Santa Cruz」も開発中だが、高価格帯となる予定だ。となると、やはり普及の鍵を握るのはOculus Goだろう。Oculus Goの発売を皮切りに各社から安価な一体型HMDが登場するようなことになれば、それが簡易HMDを卒業したユーザーの「ステップアップ先」となるかもしれない。

現状、数百円から数千円で購入できる簡易HMDと、最低でも五万円以上かかる高品質なHMDとの間には、体験の質という意味でも価格帯という意味でも厚い隔たりが存在する。

その間のニーズを満たす、特にGear VRやDaydream Viewが取りこぼした分を受け止めるHMDの登場が待ち望まれているのではないだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ
NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表
MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発
中小企業がIoTを使いこなすまで--東京都が進める支援事業の狙い
IoTを月額課金で始められるWebストア、ソラコムなど3社が立ち上げ
日本政府がIoT機器に無差別侵入/投稿論文に見るAI研究のトレンド
OTとITの融合へ本格的に取り組む--日本ヒューレット・パッカードが新製品群
HPE、IoT/エッジ領域の“OT+IT”統合ソリューション発表
LPWAは爆発的に伸びる?――NB-IoTとLoRaが主流へ
HPE、ビジネス効率とイノベーションを加速させるIoT・エッジコンピューティングソリューションを発表
デロイト、IoT製品開発時のセキュリティ/プライバシー対策支援

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。