IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.23

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?
Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

BY

その他
他にも、自分でショートカットコマンドを作成することもできる。特定の言葉を発した時にGoogle Homeが行う動作をあらかじめ設定しておくことができるのだ。

デフォルトで用意されているショートカットコマンドの一例

「ビッグウェーブ」は間近に迫っている

今回はGoogle Homeを例に挙げたが、他のAIスピーカーでもおおよそ同じようなことができる。今後も他サービスとの連携などによって、各AIスピーカーができることは増えていくはずだ。

世界で圧倒的シェアを誇るAmazon Echoが日本未発売(年内発売予定)なこともあり、国内で本格的にAIスピーカーが普及するのはもう少し先と予想できる。

しかし近く各社製品が出そろえば、国内外問わずシェアの奪い合いはいっそう激化していくだろう。
最後にどのスピーカーが「勝者」となるのかは分からないが、AIスピーカーが日常にもたらす変化は、スマートフォンがもたらした物と同等の大きさだろうとも囁かれている。
やがて来る変革の波に乗り遅れないよう、今からハンズフリーでの「音声操作」に親しんでおきたいところだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

シーメンス、産業用IoT基盤「MindSphere」の最新版「3.0」の提供を開始
“コネクテッド家電”に注力する日立、ロボ掃除機の最新型『minimaru』は今どうなっているのか?
東電、IoT活用の火力発電所運用支援サービス
目指すは超スマート社会 - バージョン2.0を目指すCEATEC JAPAN
KDDI、au HOMEの「おすすめセットプラン」契約でWALLETポイント還元
GE、電力・ヘルスケアのIoT技術でオリンピック2018冬季大会をサポート
IoT人気記事ランキング|ファナック・日立・Preferred Networks、インテリジェント・エッジ・システムの開発で新会社を設立など[1/29-2/4]
NEC、AIやディープラーニングの技術を用いたソリューションを発表
KDDI、LTE利用のIoT向け料金プランを3種類提供し幅広い用途をカバー
NEC、IoTサービスのトラフィックをAIを用いて自動的に分類するソリューションを提供
交通や暮らしにICTを導入、スマートシティの実証実験を実施へ…国交省が参加者を募集
IoT × ロボットが世界を変える 第8回 未来の住まいを描くミサワホーム、IoTへの挑戦 -後編
ディープラーニング技術を用いて高精度に物体検知、GMOクラウドが新技術を開発
ISID、ロボット故障を予知するマイクロサービスをGE基盤で公開
「CEATEC JAPAN 2018」の開催概要発表、超スマート社会「Society 5.0」実現のための“共創の場” 
Mozilla、IoTデバイスの相互接続を実現する「Things Gateway」の最新版

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。