IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.23

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?
Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

BY

その他
他にも、自分でショートカットコマンドを作成することもできる。特定の言葉を発した時にGoogle Homeが行う動作をあらかじめ設定しておくことができるのだ。

デフォルトで用意されているショートカットコマンドの一例

「ビッグウェーブ」は間近に迫っている

今回はGoogle Homeを例に挙げたが、他のAIスピーカーでもおおよそ同じようなことができる。今後も他サービスとの連携などによって、各AIスピーカーができることは増えていくはずだ。

世界で圧倒的シェアを誇るAmazon Echoが日本未発売(年内発売予定)なこともあり、国内で本格的にAIスピーカーが普及するのはもう少し先と予想できる。

しかし近く各社製品が出そろえば、国内外問わずシェアの奪い合いはいっそう激化していくだろう。
最後にどのスピーカーが「勝者」となるのかは分からないが、AIスピーカーが日常にもたらす変化は、スマートフォンがもたらした物と同等の大きさだろうとも囁かれている。
やがて来る変革の波に乗り遅れないよう、今からハンズフリーでの「音声操作」に親しんでおきたいところだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

Japan IT Week 春 2018 第6回 5G、LTE-M、NB-IoTで進化するIoTの世界 - NTTドコモ
写真と一緒に温度や雨量などを測定――日本ユニシスが農地モニタリングIoT機器を手掛けるKAKAXI社に出資
GoogleのIoTデバイス向けOS「Android Things 1.0」公開
ArmのIoTに対する考え方 ーIoTサービスグループプレジデント ディペッシュ・パテル氏による解説
IoTデバイス向けに登場したセキュリティの新技術
20万円で始められる、ADIのIoTプラットフォーム
ソフトバンク、2018年3月期決算説明会。通信会社からAIなどを軸足に“群戦略”
STマイクロエレクトロニクスとJorjin、デュアル無線通信が可能なSigfox互換の低消費電力IoTモジュールを発表
”見える化”プラットフォーム「MotionBoard」で、製造業のIoTを加速するウイングアーク1st[Original]
AI、IoT活用でLPガスの遠隔検針とLPガス容器の交換業務を効率化――ミツウロコCSとNEC、名古屋で大規模実証
シムトップスとウイングアーク、工場設備のオールインワンIoTソリューションを提供開始
DJIとMicrosoftが提携、ドローンでWindows向けSDK、「Azure IoT Edge」を提供
ぷらっとホーム、MicrosoftのAzure IoT Edge対応のIoTゲートウェイ
MMCloudとSORACOMが連携 - クラウドとLPWAでIoT活用を促進
IoT家電を簡単に導入できるスターターパック
PFU、産業向けエッジコンピューティングシステムに向けた製品を拡充

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。