IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.23

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?
Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

BY

以下は、Google Homeが反応する言葉の一例となる。

画像はGoogle Homeのセットアップや操作を行うための
「Google Home」アプリAndroid版の画面


ざっくり言ってしまえば「Googleアシスタントでできることは大抵できる」のだが、これらのことがスマートフォンを介さずにできてしまうというのは、想像以上に便利で新鮮な体験だ。順に見ていこう。

スマート家電の操作
対応するスマート家電を持っていれば、AIスピーカーを通して声で操作することが可能になる。たとえば「おやすみ」とつぶやくだけで家中の電気が消える、といった具合に。

大変便利な上に「未来」を感じる機能なのだが、今家中にスマート家電があふれている、というユーザーは少ないだろう(筆者の環境でも、テレビを消せるようになったくらいだ)。恩恵を感じられるようになるには、スマート家電の充実や普及を待つ必要がありそうだ。

検索
スマートフォンやPCを開かずに、その場で問いかけるだけで分からない言葉はもちろん、計算や施設の営業時間、「300ドルは何円?」といった質問にも正確に答えてくれる。確かに便利なのだが、詰めの甘さも目立つ。

一例を挙げると、基本的に「〇〇って誰(何)?」というような質問にはWikipediaから一行目を読み上げることで回答としているらしいのだが、もう少し情報が欲しいと思うこともしばしば。例えば□□という女優について知りたい時、答えが「Wikipediaでは□□は日本の女優とされています」だけでは少々物足りない。長々とプロフィールを読み上げる必要はないが、代表作などの補足情報があと一言だけ欲しいと思ってしまうのだ。

大抵の質問に対してしっかりとした回答を返してくれる分、細かいところが気になってしまう。とはいえこうした不満は、音声AI自体が洗練されていくと共に解消されていくだろう。

予定や天気、ニュースの確認
「今日の予定を教えて」などと問いかけると、Googleカレンダーに入力されている予定を教えてくれる。また、「今日の天気は?」や「明日、傘はいる?」と問いかけると天気予報を。「ニュースを聞かせて」でニュースを流してくれる。
朝の忙しい時間帯、普段から「1分1秒も惜しい」という方は特に便利さを感じる機能だろう。

「ニュースを流して」や「今日はどんな日?」で 流れるニュースはカスタマイズできる。 画像はデフォルトの状態。

また、Google Homeは年内にradikoとの連携が予定されている。実装されれば、上記以外のラジオ番組もニュースとして設定できるようになるだろう。
radikoはClova WAVEとの連携もアナウンスされている。ニュースメディアといった側面以外からも、radikoはAIスピーカーにとってある種「キラーコンテンツ」の一つと言えるだろう。一日も早い実装が待たれるところだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ

ライフスタイル

radikoがNHKラジオ配信開始、発揮されるその存在感

NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供

NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders

“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート

AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)

JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか

東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」

NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充

TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示

IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから

魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方

NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現

AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来

環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用

KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用

ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始

IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立

OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始

VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供

基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

イノベーション

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ

ライフスタイル

radikoがNHKラジオ配信開始、発揮されるその存在感

NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供

NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders

“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート

AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)

JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか

東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」

NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充

TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示

IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから

魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方

NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現

AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来

環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用

KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用

ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始

IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立

OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始

VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供

基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル

IoTニュース

IoTやLPWAで益田市をスマートシティのテストベッドに--構想を推進する協議会が発足
西菱電機、屋内位置情報ソリューション「オフィスIoT」を提供開始
パナソニック執行役員「すべての電動アシスト自転車をIoT対応したい」
ソフトバンクも「共創」へ、IoTに本腰
パナソニック、中国・モバイク社とIoT電動アシスト自転車で協業検討開始
AIベンチャーが医療分野で協業 【iNTERNET magazine Reboot】
Maxim、新たな産業用IoTプラットフォームを発表
「LPWAが抱える課題の大半を解決」 IoT向けWi-Fiの実用化を目指す「802.11ah推進協議会」発足
東芝デジタルソリューションズとキヤノン、スマートファクトリー分野で協業
準備で「8割」? “ビッグデータの末路”から日本を救うには
「デジタルヘルス推進室」を設置したマイクロソフトの戦略とは…(デジタルヘルスDAYS 2018)
リアルタイム画像認識を実践!! UP square + AI Coreでディープラーニング推論
IoT家電の“脱インターネット”? パナソニックとソフトバンクが実証実験
パナソニックホームズ、都市型IoT住宅「カサート アーバン」発売--「HomeX」搭載
富士通と上海信投、中国で介護サービス創出を推進(ニュース)
富士通、4つのテーマにフォーカスした法人向けイベント「Fujitsu Insight 2018」を開催

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。