IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.19

いまさら聞けない「VRって、なに?」
あなたの職場、生活に近い将来やってくる「VR」とは結局何なのか

BY

手っ取り早く体験するには?

ざっとVRの実情をお伝えしてきたが、結局体験しないと何とも言えない、という部分も大きいだろう。

コストをさほどかけずにハイクオリティなVR体験をしようと思った場合、最も手っ取り早いのはVR設備を備えるエンターテインメント施設に出向くことだろう。

とはいえ、わざわざVRのために週末テーマパークに出かけていくのも……と躊躇してしまうという方は、スマートフォンをセットして使う簡易HMDがおすすめだ。Amazonなどの通販サイトでも紙製なら数百円、もう少し耐久性の高い物でも千円台から手に入れることができる。

簡易HMDのイメージ

普及の項で述べた通り、国内の一般ユーザーにとってVRはまだまだ目新しい技術。現段階でHMDを所有していなくとも「時代遅れ」のレッテルを貼られることはないだろうが、今後の普及に備えて注目しておきたい技術の一つではある。

体験することで、ご自分のビジネスに活かすことができるかもしれない。普及しきっていない今だからこそ思いつくアイデアもあるはずだ。

これまで「子どもやゲームユーザーのためのもの」とVRに対してとっつき辛さを感じていた方も、この機会に一度体験してみてはいかがだろう。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ネットワーク仮想化の最前線――SDNから始める自動化の道
Google、IoT機械学習エッジ処理向けのASIC
最先端技術を持った企業が集まる大好評のASCII主催IoTイベント、出展社募集中!
インダストリー4.0時代、”顧客ニーズの変化”で知っておきたい3つの要点
新日鉄住金エンジニアリング、故障の検知・予測にIoTとAIを活用 | IT Leaders
AIでバイオ燃料用ミドリムシの生産量予測--日本ユニシスとユーグレナが共同研究
グーグル、エッジデバイス向け新製品を発表--「Edge TPU」「Cloud IOT Edge」など
次世代ボディエリアネットワーク「SmartBAN」、実用化へ(ニュース)
オプティム、IoTとドローンで「スマート林業」への取り組みを開始
Google、推論に特化したエッジ向けTPU「Edge TPU」をIoT向けに外販へ
AI/IoT/VRが切り開く小売店舗の将来像
次世代ボディエリアネットワーク「SmartBAN」、広島市立大学が実用化を推進する技術
ソフトバンクが「逆ザヤ」でNB-IoTを始めた理由
今週のブロックチェーン:ブロックチェーンを活用した決済も視野に――GMOあおぞらネット銀行の新銀行事業 【iNTERNET magazine Reboot】
国際警察のIoT攻撃のシミュレーション演習
MBC試作ファンド、AI技術応用の環境ソリューションとIoT位置情報技術の2社へ投資

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。