IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.12

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

 また、リアルの<ショッピング体験>でも、アマゾンは破壊的イノベーションをリーン・スタートアップで狙っている。レジの前に並び、会計をする必要のない「Amazon Go(アマゾン・ゴー)」がそれだ。

(参考)Amazon Goのプロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc

 加えて、最近の大きな事件として、2017年8月、アマゾンは137億ドル(約1兆5000億円)もの巨費を投じて、米国内の高級スーパー「ホールフーズ」買収完了を発表した。

 ネット通販としてのアマゾンは、これまで生鮮食料品や加工食品の取り扱いに難点があるとみられてきた。しかし、オーガニックにこだわった食品の品質の高さとトレーサビリティ(生産・加工・流通などの過程を明確にすること)で定評のあるホールフーズを自らの傘下に収めることで、弱点を強みに転換した。

 今後、アマゾンは、ホールフーズの店頭にネット通販の商品を受け取ったり、返品できたりする専用のロッカーを設置するという。ホールフーズのようなリアルの店舗を生鮮食品の配送拠点として活用するだけではなく、宅配のサービス拠点として機能性を高めていくことも既定路線のように映る。

 米国では、アマゾン・エコーから音声対話の「ゼロクリック」で注文した生鮮食料品や加工食品が即日、宅配される日も遠くはないだろう。

独走する「アマゾン生態系」に対抗するグーグル、周回遅れの日本勢

「ゼロクリック」でのショッピング体験は、米国ではすでに大きな潮流になりつつある。

 マクロなトレンドを理解するために、「ゼロクリック」で先行するアマゾン以外のキープレーヤーの動向についても、少しウォッチしておこう。

 実は、2017年8月、アマゾンのホールフーズ「買収」とほぼ時を同じくして、グーグルも小売最大手のウォルマートとの「提携」を発表した。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク副社長が語る「IoT戦略」とは - arm Tech Symposia Japan 2017
「AIの波が医療に」とインテル、ヘルスケア強化(デジタルヘルス・レポート)
産業用IoTのセキュリティ、基礎的な対策にも課題--Honeywell
機械学習、IoT、データベースなど多分野で新サービス--re:Inventで見えたAWSのビジョン
Microsoft、IoT SaaSソリューション「Microsoft IoT Central」のパブリックプレビューを開始
トライポッドワークス、業務用車両向けIoTサービス「BLUE-Connect」の提供を開始
2018年 IoT/AI関連展示会・イベント一覧
KDDI、LoRa PoCキットに屋内向け低価格オプションとGPSトラッカーを追加
フィリップスとソフトバンク、ヘルスケア領域で協業合意~IoTやAIを活用
キットカット販売機、12月からオフィスへ。Sigfox通信で発注する「キットカット たのめるくん」 開発
[AWS re:Invent 2017]IoTビールサーバ・サービスの展示から知るAWSの効果的な使い方
世界のスマートアグリ(農業IoT)の今を調査レポート[Premium]
IIJが“農業IoT”をやってみて分かった苦労・課題とは? コスト削減のほか、オープン化の必要性も 
ドア開閉をスマホに通知、独居高齢者向けIoT見守りサービス
NECと日本電産、「インテリジェントモータ」搭載のロボットを無線で協調制御する技術を共同開発
戦略的買収で広げた製品群で自動車、IoT攻略へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。