IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.12

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

 アマゾン・エコーが提供する数あるサービスの中でも、生活者の足元でのブレークスルーが最も顕著なのが、冒頭でも述べた「ゼロクリック」でのショッピング体験の領域だと言えよう。

 米国ではアマゾン・エコー所有者の半分以上が「ゼロクリック」ショッピングの経験があり、しかもその3割は週に1回以上のショッピングをするヘビーユーザである、との調査もある(日本経済新聞 2017年8月24日朝刊) 。

 アマゾン・エコーが提供する「ゼロクリック」でのショッピング体験は、デジタルギークやアーリーアダプターの知的好奇心を刺激するだけでなく、長い目で見て、本当に人間の生活を豊かにするのか。

 今回はIoTの視点から、アマゾン・エコーの「ゼロクリック」ショッピング体験に光を当てて、考察を進めていきたい。

アマゾンが仕掛けてきたショッピングの「破壊的イノベーション」

 これまでもアマゾンは、ショッピング体験の領域において、数々の「破壊的イノベーション」を仕掛け、新たな体験を生み出してきた。この点だけでも多分に「確信犯」である。

 そもそも、送り先の住所と支払い情報を事前登録しておけば、注文ボタン1回のクリックのみで買い物が可能になるという「ワンクリック」ショッピング自体が、1997年9月にアマゾンが米国で出願した特許である。

 つい最近、米国ではこの特許が期限切れで失効したが(日本では来年、期限切れを迎える予定)、アマゾンはそんなことは全く気にならないらしい。常に先手先手と、破壊的イノベーションを繰り出し、われわれが従来慣れ親しんだ体験を焼け野原に変えようとしている。

「ワンクリック」と「ゼロクリック」の中間、いわば「0.5クリック」というべきサービスが、日本でもプライム会員向けサービスとして導入されている「Amazon Dash Button(アマゾン・ダッシュ・ボタン)」だ。

(参考)Amazon Dash Buttonのプロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=w1lrQgXa6pY

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。