IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.12

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

 アマゾン・エコーが提供する数あるサービスの中でも、生活者の足元でのブレークスルーが最も顕著なのが、冒頭でも述べた「ゼロクリック」でのショッピング体験の領域だと言えよう。

 米国ではアマゾン・エコー所有者の半分以上が「ゼロクリック」ショッピングの経験があり、しかもその3割は週に1回以上のショッピングをするヘビーユーザである、との調査もある(日本経済新聞 2017年8月24日朝刊) 。

 アマゾン・エコーが提供する「ゼロクリック」でのショッピング体験は、デジタルギークやアーリーアダプターの知的好奇心を刺激するだけでなく、長い目で見て、本当に人間の生活を豊かにするのか。

 今回はIoTの視点から、アマゾン・エコーの「ゼロクリック」ショッピング体験に光を当てて、考察を進めていきたい。

アマゾンが仕掛けてきたショッピングの「破壊的イノベーション」

 これまでもアマゾンは、ショッピング体験の領域において、数々の「破壊的イノベーション」を仕掛け、新たな体験を生み出してきた。この点だけでも多分に「確信犯」である。

 そもそも、送り先の住所と支払い情報を事前登録しておけば、注文ボタン1回のクリックのみで買い物が可能になるという「ワンクリック」ショッピング自体が、1997年9月にアマゾンが米国で出願した特許である。

 つい最近、米国ではこの特許が期限切れで失効したが(日本では来年、期限切れを迎える予定)、アマゾンはそんなことは全く気にならないらしい。常に先手先手と、破壊的イノベーションを繰り出し、われわれが従来慣れ親しんだ体験を焼け野原に変えようとしている。

「ワンクリック」と「ゼロクリック」の中間、いわば「0.5クリック」というべきサービスが、日本でもプライム会員向けサービスとして導入されている「Amazon Dash Button(アマゾン・ダッシュ・ボタン)」だ。

(参考)Amazon Dash Buttonのプロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=w1lrQgXa6pY

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI、LoRa PoCキットに屋内向け低価格オプションとGPSトラッカーを追加
フィリップスとソフトバンク、ヘルスケア領域で協業合意~IoTやAIを活用
キットカット販売機、12月からオフィスへ。Sigfox通信で発注する「キットカット たのめるくん」 開発
[AWS re:Invent 2017]IoTビールサーバ・サービスの展示から知るAWSの効果的な使い方
世界のスマートアグリ(農業IoT)の今を調査レポート[Premium]
IIJが“農業IoT”をやってみて分かった苦労・課題とは? コスト削減のほか、オープン化の必要性も 
ドア開閉をスマホに通知、独居高齢者向けIoT見守りサービス
NECと日本電産、「インテリジェントモータ」搭載のロボットを無線で協調制御する技術を共同開発
戦略的買収で広げた製品群で自動車、IoT攻略へ
JDAとサトー、IoTを活用した倉庫管理ソリューションで提携
「Bitdefender BOX」に月額990円のプラン、ホームネットワーク内のIoT機器やスマホ、PCを保護 
ソフトバンクとイスラエルInuitiveがAI・IoT分野での協業を検討
フィリップスとソフトバンク、ヘルスケア分野のIoTやAIソリューション開発で協業
IoTビジネス成功の条件とは? ウフル・ARM・ソラコム・ウイングアーク・PTCが議論
迅速なクラウド接続を実現-TIのSimpleLinkマイコンがAmazon FreeRTOSに対応
KDDI、IoT実証実験キットに屋内専用低価格プランとGPSトラッカー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。