IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.12

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

 アマゾン・エコーが提供する数あるサービスの中でも、生活者の足元でのブレークスルーが最も顕著なのが、冒頭でも述べた「ゼロクリック」でのショッピング体験の領域だと言えよう。

 米国ではアマゾン・エコー所有者の半分以上が「ゼロクリック」ショッピングの経験があり、しかもその3割は週に1回以上のショッピングをするヘビーユーザである、との調査もある(日本経済新聞 2017年8月24日朝刊) 。

 アマゾン・エコーが提供する「ゼロクリック」でのショッピング体験は、デジタルギークやアーリーアダプターの知的好奇心を刺激するだけでなく、長い目で見て、本当に人間の生活を豊かにするのか。

 今回はIoTの視点から、アマゾン・エコーの「ゼロクリック」ショッピング体験に光を当てて、考察を進めていきたい。

アマゾンが仕掛けてきたショッピングの「破壊的イノベーション」

 これまでもアマゾンは、ショッピング体験の領域において、数々の「破壊的イノベーション」を仕掛け、新たな体験を生み出してきた。この点だけでも多分に「確信犯」である。

 そもそも、送り先の住所と支払い情報を事前登録しておけば、注文ボタン1回のクリックのみで買い物が可能になるという「ワンクリック」ショッピング自体が、1997年9月にアマゾンが米国で出願した特許である。

 つい最近、米国ではこの特許が期限切れで失効したが(日本では来年、期限切れを迎える予定)、アマゾンはそんなことは全く気にならないらしい。常に先手先手と、破壊的イノベーションを繰り出し、われわれが従来慣れ親しんだ体験を焼け野原に変えようとしている。

「ワンクリック」と「ゼロクリック」の中間、いわば「0.5クリック」というべきサービスが、日本でもプライム会員向けサービスとして導入されている「Amazon Dash Button(アマゾン・ダッシュ・ボタン)」だ。

(参考)Amazon Dash Buttonのプロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=w1lrQgXa6pY

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

衝撃動画!! 1トンの鉄球をブチ込んでも壊れない「超強力な家」を可能にしたのは、技術とIoTの融合だった
真の5G社会で必須になる「5G SIM」、ジェムアルトが解説
ドコモ、AI運行バスや製造業向けIoTサービスなどを展示
イーソルのAdaptive Platform提案…CASE時代の組み込みプラットフォーム
ソフトバンクとWCP、5Gを活用した「スマートハイウェイ」の実証実験
グリーンスローモビリティを実証する自治体コンソーシアムを公募
リアルに泳ぐ魚型ロボット「MIRO-5」発売。+Styleから
明太子がいつもある「ふくやIoT」の裏側はSORACOMが支えていた
ヤマダ電機がソフトバンク子会社と連携、ホームIoTサービスを開始
パナソニックホームズが「防災持続力を備える家」--防災意識の「持続」までサポート
柏の葉が街全体でAI、IoTなどの実証実験を受け入れ--課題解決型街づくりへ
3日分の水や電気を自動的に確保 「防災持続力を備える家」、パナソニックホームズが展開
NSW、IoT向けビッグデータ分析・予測サービスにセルフAIサービスメニューを拡充し提供開始
NTT Com、IoTビジネス向けのモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」 | IT Leaders
「DX EnablerとしてSmart World実現に貢献する」 NTTCom社長 庄司哲也氏が事業戦略を発表
AIで命を守れ! 日立物流が語る「安全運行管理システム」の作り方

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。