IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.22

ロボットが人間を超える“目”を持つ日
東京電機大学が開発を進めるコンピュータビジョン技術

BY

人間以上の精度を持つ“コンピュータの目”

IoT、AI、ロボット。最近これらのキーワードを耳にすることが多くないだろうか? 関連分野では世界中の研究者・技術者がしのぎを削り、日夜研究を重ねている。

7月20日に行われた、ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」の基調講演では、アメリカのロボット企業、ボストン・ダイナミクスが登壇。そこで、アーム付き4足歩行ロボット「Spot Mini(スポットミニ)」が登場し、会場を大いに沸かせた。

デモンストレーションでは、Spot Miniが自ら物体を手にし、移動して側にいる人物に渡してみせた。段差などの障害物を器用に避けていく様子は、まるで本物の生き物かのように見える。

CEOのMarc Raibert氏いわく、「Spot Miniは、視覚から得た情報をもとに、周囲の障害物と衝突しないように判断しながら歩いている」という。ロボットの目、すなわち“コンピュータビジョン(CV)”は、着実に生物の目に近づいてきているのだ。CVの発達が、今後のロボットの未来を大きく左右するだろうことを想像させてくれるようだった。

CVの研究は、教育の現場にも大きな影響を与えている。ロボット工学を学べる大学は国内でも年々増加し、中には大きな功績を挙げた研究室もある。東京電機大学もその一つだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドコモ、『未来の家プロジェクト』でIoTスマートホームによる生活モニタリング実証実験を開始
VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由
航空電子と東大生研が連携研究協力協定を締結
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第4回)LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能【ネット新技術】
「2年で2倍」の成長ペース、ファーウェイ法人事業が次に狙うもの
[本日の一品]手軽に家電をIoT化するスマート家電リモコン
ウイングアークら、個室トイレの利用分析IoTソリューションを共同開発
Gmailが「IFTTT」「Gmail Backup」など外部サービスのサポートを終了、その理由は【やじうまWatch】
激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する
IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。