税金、食費、交際費? カロリーが消費される仕組み

夜食は本当に太りやすいのか?(前編)

2017.09.15(Fri) 大平 万里
筆者プロフィール&コラム概要

 すなわち、「消費カロリー」とは「熱の発生を伴いつつ体内で合成され消費されたATPの量」と言える。家計簿で言えば「支出」の部分だ。そうした観点で見れば、中性脂肪はATPに換金できる「資産」であり、「消費カロリーを増やす」は「体内のATP合成の需要を高める」と言い換えることができる(ただし、中性脂肪の分解がATP合成ではなく熱の発生だけに使われる流れもごく一部ある)。

「支出<収入」なら中性脂肪はかならず増える

 では「摂取カロリーを減らす」ほうはどうか。「摂取カロリー」とは、食事由来の中性脂肪、タンパク質、糖質が持つエネルギー量である。これらはすべてATP合成に使える物質だ。家計で言えば収入の部分である。

 生きている限り、ATPは常に合成・消費が繰り返されており、体内の中性脂肪は、最終的にはATP合成のために消費される。そして、消費された分(あるいはそれ以上)の中性脂肪は、食事由来で外から入って来るか、糖質やタンパク質の一部から体内で合成される。すなわち、外部からの(または体内で合成される)中性脂肪が減少すれば、結果的に分解する中性脂肪のほうが多くなり、体内の中性脂肪が減少する(つまり、体重が減る)。いわば、貯蓄を切り崩してゆく状況だ。

 減量にからめてその関係をまとめると、次のようになる。

 この関係は、ダイエット本などで既にさんざん目にしたことだろう。上記の不等号の向きが逆、すなわち「消費カロリー<摂取カロリー」な状態が継続すれば必ず中性脂肪は増加し、肥満に至る。状況によっては、一時的に上記の関係が成り立ってないように見える場合もあるが、決して恒常的なものではない。どのような金銭のやり取りがあろうとも、支出よりも収入が最終的に上回っていれば、貯蓄は増えこそすれ減ることはないのと同じである。

「駄菓子屋で1万円使う」のは難しい

 それでは、「消費カロリーを増やす」に限定して、実際に消費されるカロリーの内訳について見ていこう。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1964年東京生まれ。生物・化学系ライター。熊本大学理学部生物学科卒業。北海道大学理学研究科博士課程修了。博士(理学)。旧工業技術院(現・産総研)、秋田県立農業短大附属属研究所などの流動研究員、高校教諭等を経て現在に至る。最近はその辺に転がる岩石の来歴が気になってしょうがない。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。