IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.08

シンギュラリティの先にあるものは
IoT Today編集部おすすめの技術革新トレンドを掴む書籍3冊

BY

“ネットの次”を生み出したいイノベーターに贈る1冊

<インターネット>の次に来るもの 未来を決める12の法則
著:ケヴィン・ケリー/訳:服部桂
出版社:NHK出版
ISBN 9784140817049

 

インターネット黎明期から約30年。モバイルと融合したシステムは現代社会に必要不可欠な物となった。サービスの一つひとつを見れば新しく生まれてきたものがあり、淘汰されていったものもある。その歴史が培ってきたものがこれからのプラットフォームになり、様々なイノベーションを生んでいく。本書は、いまがまさに、そのスタート地点であると強調する。

『WIRED』誌の創刊編集者だったケヴィン・ケリーによる執筆。黎明期当初はインターネットが超多チャンネルになると予測し、Wikipediaのようにアマチュアが書く百科事典は成立しないと思っていたという。そんなケヴィン氏自身がある種の失敗談を交え、テクノロジーの未来を予測する難しさや、AI(人工知能)、ロボットなどのトレンドに触れつつ、今後30年で避ける事のできないテクノロジーの大きな流れを考察する作品となっている。

本書は以下の12のテーマで構成されており、それぞれで核となるテクノロジーの事例を挙げているのが特徴だ。

1. BECOMING
2. COGNIFINING
3. FLOWING
4. SCREENING
5. ACCESSING
6. SHARING
7. FILTERING
8. REMIXING
9. INTERACTING
10. TRACKING
11. QUESTIONING
12. BEGINING

例えば「2.COGNIFINING」では、IBMのWatson(ワトソン)の前身にあたるマシン・ディープブルーとチェスの世界チャンピオンの対戦を例に人間対マシンの歴史に触れている。また「5.ACCESSING」では、アマゾンの電子書籍サービスKindle(キンドル)を例に、人々の消費行動が“所有権の購入”から“アクセス権の定額利用”へと転換されつつあることについて述べている。

今後30年の中で起こるイノベーションは、本書に記載されている12のテーマで語られているトピックから進化し、生まれてくるのではないだろうか。

ケヴィン氏は本書の中で「最高に格好いいものはまだ発明されていない」と述べている。本書は、その“最高に格好いいもの”を発明するための基礎作りにもなるだろう。プラットフォームが揃い、誰もが同じスタートラインに立っている現在。をヒントに、“インターネットの次に来るもの”を創り出すイノベーターが誕生することを期待したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

路線バスの危険運転を顔認識で防ぐ、KDDI開発のIoTソリューション
[12/19] IoTパートナーコミュニティフォーラム 2017 虎ノ門ヒルズにて開催[PR]
NEC、IoTプラットフォーム「Predix」を活用した肥料プラントの運転・保全最適化システムをTOYOに納入
クアルコムとバイドゥが提携--スマホやIoT機器の音声AIアシスタントを改良へ
アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表
“泥にまみれて”農業IoTを実践する--IIJの取り組み
AIを軸にIoTや自動車、医療分野を狙うIntel
IoTデバイスに共通のセキュリティ基盤を、Arm「PSA」
【オンライン参加者の募集開始】製造業IoT、「可視化」と「予知保全」がわかるセミナー、国内8社が大集合 12/20(水) [PR]
「Sigfoxで世の中は変わる。セルラーIoTとは別世界だ!」、KCCS黒瀬社長インタビュー
写真で見る「鉄道技術展」--ホームドアやVRシミュレータ、IoTによる設備監視など
クアルコムとBaidu、スマートフォンやIoTデバイスのAI音声ソリューションで協業
ソフトバンク副社長が語る「IoT戦略」とは - arm Tech Symposia Japan 2017
「AIの波が医療に」とインテル、ヘルスケア強化(デジタルヘルス・レポート)
産業用IoTのセキュリティ、基礎的な対策にも課題--Honeywell
機械学習、IoT、データベースなど多分野で新サービス--re:Inventで見えたAWSのビジョン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。