IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.08.02

大手も乗り出す「民泊ビジネス」鍵はテクノロジー
管理の煩雑さを軽減させる製品・サービス利用で効率化

BY

すでにご存知の方も多いだろうが、訪日外国人の数が政府の予測を上回って伸びてきている。これまで、官民一体となって取り組んできたプロモーション(ビジット・ジャパン事業)や制度改革が実を結びつつあるようだ。2015年には約1,974万人(日本政府観光局の統計データより)を数えたことを受け、政府は2020年に4,000万人という目標を掲げるという。

そして訪日客が増えると、当然ながら宿泊客も増えてくる。観光庁の「宿泊旅行統計調査」(平成29年4月分(第2次速報値))によれば、2016年の外国人延べ宿泊者数は約694万人で5年前の約184万人と比べて約3.8倍にも増加している。

(観光庁「宿泊旅行統計調査」(平成29年4月分(第2次速報値))より作成)

一方で国内の宿泊施設の需給状況には不足感が出てきている。

同じく観光庁の「宿泊旅行統計調査」によれば、全国の宿泊施設客室稼働率は2011年時点で51.8%だったのが2016年時点では59.7%と増加している。特に都市部のビジネスホテルなどは稼働率も高まっており、2011年時点で70.9%だった客室稼働率は2016年時点には83.3%と全国水準以上に伸びている。

こうした急増する訪日外国人の宿泊施設として注目され始めているのが、自宅の一室やマンションの空室を観光客に貸す「民泊」である。民泊が注目されるようになった背景には、世界的な民泊マッチングサービスである「Airbnb(エアービーアンドビー)」の存在が大きいだろう。

これまで日本では旅館業法の特例として一部のみが認められている状況であったため、本格的な普及には至っていなかった。しかし、2017年6月に「住宅宿泊事業法案」(民泊新法)が成立し、2018年1月から施行される見通しとなった。晴れて、全面的に合法となることとなったのだ。

こうした状況を商機と見て、大手企業が続々と参入を表明している。

ECや旅行代理業などを展開する楽天と、不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLは共同出資により楽天LIFULL STAYを設立した。同社は民泊領域において、オーナーとユーザーのマッチングをはかるプラットフォームを構築するという。さらに、アメリカの世界最大級民泊サイトHomeAwayとも業務提携を結び、着々と民泊領域での事業展開を準備している。

また、投資用マンション販売や不動産賃貸管理事業を展開するシノケングループでは、2015年から民泊用物件を開発し2017年4月から分譲開始。そして7月にはブロックチェーン技術を活用したシステム開発を行うChaintope社と資本業務提携し、ブロックチェーンを応用した民泊サービスの開発へと乗り出した。シノケンが管理する民泊物件の利用権をブロックチェーンで管理するシステムで、スマートフォンを鍵代わりにするスマートロックなどの機能を提供する予定だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた
空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。