IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.26

手書きPOPが空中に?書店はITでまだまだ楽しくなる
ARアプリ「POPSTAR」が広げる書店の可能性

BY

 開発したのはアプリ開発会社の「雷公鞭(らいこうべん)」(東京都港区)である。書店の新しい体験を生み出す、このユニークなARシステムはどのようにして誕生したのか。角舘浩太郎社長に話を聞いた。

さわや書店のPOPがアイデアの基に

──「POPSTAR」開発のきっかけを教えてください。

角舘浩太郎社長(以下、敬称略) デジタルハリウッドが運営するプログラミングスクールでプログラミングを学んでいたとき、デジタルハリウッドと日販(日本出版販売)が共催で「書店体験を変えるIoTプロダクト」というテーマのハッカソンを開催しました。そのハッカソンに参加して開発したのがPOPSTARです。

(注:デジタルハリウッドはクリエイターやプログラマーを養成する専門スクール。日販は書籍や雑誌の取次会社)

──なぜPOPに着目したのですか。

角舘 私は盛岡の出身なのですが、中学、高校時代に地元のさわや書店によく通っていました。さわや書店のPOPはすごいんです。異常なくらいに書き込みの量が多く、密度が濃くて。とにかく圧倒的で、この店は大丈夫なのかっていうくらいに(笑)。

 そうしたさわや書店のPOPが強く印象に残っていたので、POPを使って何かできないかなと。あと、VR(仮想現実)とかARにもすごく興味があったので、ARでPOPを出したら面白いんじゃないかと思ったんです。

──さわや書店のPOPは確かに熱量がすごくて、鬼気迫るものがありますね。

角舘 もはやそれ自体が「作品」というか、本とは別の価値があるんですよね。そうしたPOPを見て育ちましたので、POPの価値をもっとみんなに知ってほしいという気持ちがありました。

 また、多くの書店で、古いPOPは捨てられてしまうそうなんです。書店員さんがあれだけ力を入れて書いているのに、1回掲示しただけで捨ててしまうのはもったいないですよね。データベース化すれば過去のPOPも再利用できるのにという思いもあり、POPSTARを開発しました。

──さわや書店が期間限定で導入したのは、どんな経緯だったのですか。

角舘 POPSTARはハッカソンで最優秀賞をいただくことができました。優勝チームの代表としてネットメディアのインタビューを受けたとき、「今回のアイデアはさわや書店さんからインスピレーションを受けています」という話をしました。さわや書店さんがその記事を見て、「これ、面白いからうちでやろう」と声をかけてくださったんです。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始
KDDI、スマホアプリとホームIoTを活用した睡眠改善活動の実証実験
コネクテッドデバイスから企業インフラまで次々にセキュリティ新施策を発表 - Microsoft
まるで「iPadのオバケ」──最大310インチ・タッチ無制限のデジタルサイネージをKDDIが提供
ヤマザキマザックの製造業向けIoTで技術支援--ネットワンシステムズ
「月額30円から」LoRaWAN IoT通信サービス、センスウェイが提供開始
IoT人気記事ランキング|トヨタ、ドコモ、マイクロソフトが目指す、ヒトもつながる「コネクティッド」の未来など[4/9-4/15]
オープンイノベーションによる協創をスムーズに進めるためのポイント
スマートフォンによってヒトの生活はどう変わったのか、IoT/AI時代のマーケティングを考える
IoT時代のものづくり、強みの「匠」や「三現主義」をどう生かすべきか?
MSYS、IoTサービス向けビーコン「BlueBeaconシリーズ」に新製品
安全運転でポイントがもらえる――スマートドライブがIoT搭載のカーリースサービスを開始
ネットワンシステムズ、ヤマザキマザックの製造業向けIoTソリューションを技術支援
センスウェイ、1デバイス月額30円から使えるIoT向け通信サービス
東京都、自動運転を使ったビジネスモデルを支援---プロジェクト募集中
「月額30円」のLoRaWANが提供開始――人口カバー率60%を来年3月末に目指す

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。