IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.24

現場カイゼンだけ? 日本の工場IoTの残念な現状
欧米流の「経営改革のIoT」まで昇華できるか

BY

 このような工場配置シミュレーターの利用がさらに進めば、多くのライン設計者がシミュレーターに「プリセット」済みの設備を使ってラインを構築するようになるだろう。さらには、より効率的なライン設計を実現するために、代表的な製品については検証済みのラインの「テンプレート」が提供される可能性もある。

 その結果、ライン設計者は、個別の機器を選択するのではなく、テンプレートが実現するラインの効率とトータルコストを意思決定の基準にするようになるだろう。いわば、顧客の設備購買行動・設備の販売チャネルが変化し、顧客による設備の指名買いから、テンプレートに含まれる機器の“ついで買い”へと変化する。

 その時、設備の販売チャネルは、既存の機器販売代理店から、シミュレーターやテンプレートの提供会社へと変化していく可能性があるのだ。

*4=Mass Customize。大量生産に近い生産性を保ちつつ、個々の顧客のニーズに合う商品やサービスを生み出すこと。

*5=Programmable Logic Controller。機械の制御に使われる、シーケンス(順番)を制御するコントローラーのこと。シーケンサーとも呼ばれる。

日本の製造業IoTの課題

 工場配置シミュレーターが引き起こす変化の事例は、ものづくり×IoTが引き起こしうる、ものづくり産業の構造変化の一例にすぎない。

 日本のものづくり企業にとっての本当の問題は、このような産業構造変化への対応をほとんど行えていないことにある。製造現場である工場におけるIoTの導入・活用は始まっているものの、それはあくまで「生産性向上」を目的とした、従来型のカイゼン努力の延長にすぎないのである。

 今、日本のものづくり企業の経営者に求められているのは、ものづくりの×IoTがもたらしうる変化の大きさを認識し、その対策の検討は製造現場だけでは行えないのを理解することだ。その上で、IoTの検討のリーダーシップを自らが握り、将来の自社のあるべき姿の検討をすぐにでも始めることだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

つぎの注目分野は“不動産テック” 【iNTERNET magazine Reboot】
ブロックチェーン技術で社内データや知的財産をデジタル・アセット化するプラットフォーム「Keychain DAP」 〜金融機関やIoT向けに分散型認証サービスを提供するKeychainが開発
DMPでIoTデータを活用--インティメート・マージャーが高精度のクロスデバイス推定技術
IoTセンサー込みで月額500円から、アステリアがエッジIoT向けのミドルウェア「Gravio」新版を提供
新生アステリア(旧インフォテリア)が仕掛けるAI/IoT戦略「エッジウェア」とは?
呼吸器疾患を持つ人のための空気モニタリングIoTデバイス「uHoo」、ブリッジラウンドで数百万米ドルを資金調達
TED、長距離Bluetooth通信、複数BLEデバイス同時接続を実現する「Cassia BLTキット for Azure」を販売開始
ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」、Azure IoT Edgeデバイス認証を取得
独自のLPWA通信規格、ソニーが世界普及目指す
オフィスでIoTセンサーを活用するソフト、アステリアがセンサー込みで提供 | IT Leaders
IPアドレスを使わずセキュアなIoT通信を実現する「NIDD」、ソフトバンクが試験サービス提供へ
Ayla NetworksとTata Elxsi、CSPを支援するパートナーシップを締結
ケイ・オプティコムら、長野県大町市でIoT活用の児童見守りサービス
フォルクスワーゲン、コネクテッドカーのインフラにMicrosoft Azureを採用
Agx、スマホ不要・マルチデバイス対応BLEルータ「Cassia Networks E1000/X1000」向けIoTクラウドに「ThingScale」を採用
KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。