IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.24

現場カイゼンだけ? 日本の工場IoTの残念な現状
欧米流の「経営改革のIoT」まで昇華できるか

BY

 欧米におけるものづくりIoTの狙いは、製造現場に閉じた「生産性向上」にあるのではない。製造現場と経営をつなぐことで、ハーレーダビッドソンの事例のような「マスカスタマイズ*4」を実現して顧客単価の向上を図ったり、複数企業の製造現場からベストプラクティスを抽出し、誰でも使えるノウハウと各企業の差別化領域を明確に仕分ける事を目的としている。

 いわば、ものづくり企業のビジネスモデル、ひいては、ものづくり産業全体の産業構造・競争環境の作り変え・見直しを迫ろうとしているのである。

 たとえば、工場配置シミュレーターと呼ばれるソフトウエアを使うと、プリセットされた生産設備データを選択し、工場の3Dモデルの中で生産設備をドラッグ&ドロップで配置することで、生産ラインの概要設計が可能になる。

 さらに、PLC*5やNC、あるいはロボットなど、プログラムが必要な機器に対しては、ライブラリからプログラムを選択しカスタマイズするなどの方法で、シミュレーター上で行った動作設計をもとに、実際の設備に送り込まれる動作プログラムを自動生成することも可能になりつつある。

 下に、工場配置シミュレーターの一例としてVisual Components社のソフトウエアの画面イメージを挙げる。

 もちろん、最終的な装置間の動きの微調整や稼働確認など、物理的な設備を前にして生産技術者が行わなければならないことも残されてはいるものの、ギリギリまでデジタルシミュレーターを使い事前検討しておくことで、物理的な設備を扱うタイミングを可能な限り遅らせ、物理的な人やモノの稼働や移動を大幅に減らすことができる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドコモらがIoTスマートホーム実証実験で得た「仮説」の中身
IIJ、フルMVNOのIoT/M2M向け低容量プラン「IoT応援パック」
自動車IoTのスマートドライブが17億円を調達--物流に本腰、中国に研究拠点も
スマホで撮るだけでAIがメーター点検する「hakaru.ai byGMO」
MSYS、IoTゲートウェイと各種センサーを組み合わせた「IoTセンサーキット」を販売
自社オフィスをショーケースに、IoT活用でオフィス空間を最適化――Phone AppliとJBATが共同実証
ソフトバンク、徳島県と「とくしまIoTプラットフォーム」を運用開始
isaax、IoTエンジニアを6ヶ月で育成するキットを提供開始
PSIRTとは何か? IoT時代のセキュリティ組織、先行事例にマイクロソフトなど
空調機をIoTハブに「未来のオフィス空間」づくり――ダイキン工業など6社、都内でフィールド実証へ
自宅のIoT化が止まらない! Amazonランキング大賞 2018上半期「Alexa対応デバイス売れ筋Top 10」発表
農業IoTに配線不要の省電力無線カメラを使った画像監視サービス―MOVIMASの取り組み | IT Leaders
【7月の人気記事TOP10】ソフトバンクのNB-IoT記事が1位・2位に
大分県とウミトロン、AI・IoTを活用した水産養殖の「データ経営」実現に向けた取り組みを開始
「社会インフラ×IoT」に確信――OKI 坪井常務インタビュー
GMOクラウドが工場向けAI業務効率化サービスを開始。古いメーターもスマホで手軽に点検・自動記録が可能に。

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。