IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

「Amazon Echo」の日本版はいつ発売される?

茂木氏による脳科学とテクノロジーの特別講演終了後には、AWSの今後の構想が発表された。なかでも注目を集めたのが、日本語版の発売が待たれるデバイス「Amazon Echo(エコー)」に搭載されている音声認識・入力技術「Alexa(以下、アレクサ)」についてのスピーチだ。

スピーチの冒頭では、アレクサに今日の天気を尋ねたり、スピーカーをONにしたりAmazonで注文をしたりと、人々の生活に寄り添ったサービスのイメージ動画を紹介。多くのユーザーにとって、欠かせない存在になっていることがわかる。

アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏

「アレクサに『アレクサ、今日の天気は?』と問いかけると同時に、その発言はテキスト化されクラウドに上がり、自然言語理解エンジンに取り込まれます。このエンジン内で、テキストの意味を翻訳してユーザーの意志を理解し、天気情報をユーザーに伝えるというシステムを提供しています」(アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏)

また、アレクサに組み込まれている「Alexa Voice Service(AVS)」という音声認識機能を他社に解放し、そのプログラムを提供している。そのため、アレクサで使えるサービスはAmazonのものにとどまらず、さまざまなIoT端末や各社サービスとユーザーを、アレクサを介してつなげることができる。

アメリカでの活用例のひとつが、配車サービスを展開しているUberだ。Uberがプログラムを開発し、Amazon Echoでの使用を可能にすることで、アレクサに車の手配をしてもらうことができるという。

展示された「Amazon Echo」

アレクサはさまざまなサービスや、IoT端末のプラットホームとなる可能性を秘めている。今回のAWS Summitでは日本語版の発売は発表されなかったが、その上陸が待ち遠しい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTドコモ、1次産業向けにAIを活用したIoTサービスを提供 | IT Leaders
ソフトバンク、NB-IoTなど搭載のガスメーター向け通信ボードを開発
ドコモが農業・漁業向けに新IoTソリューション、AIで栽培ノウハウのデータベース化も対応
ソニーモバイル×東電EP、スマートホーム分野でIoTを活用した新サービス
ソフトバンク、LPガスメーター向けIoT通信ボードを開発へ
AIによる対話システム開発のNextreamer、産業革新機構と高知銀行から4.7億円を調達——AI/IoT関連技術の導入支援で、労働力の補填に期待感
シーアールイーとPAL、次世代物流センターの構築へ向け共同開発に着手
IoT人気記事ランキング|エフエム和歌山、AWSの人工知能を用いた自動音声によるニュース放送を開始、アメリカでIoTデバイスのサイバーセキュリティ基準に関する法案が提出など[7/31-8/6]
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストがIoT分野の新サービスで協業 | IT Leaders
東電EPとソニーモバイル、スマートホーム分野でIoT活用の新サービス
サイバーダインとコヴィアが合弁、IoH/IoT分野で通信デバイス事業を展開
管理しているIoTデバイスは正規のもの? 端末の「真正性」を確保する方法とは
アスキー、IoTスタートアップが集結する展示会「IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP」を8月28日開催 
シリコンバレーで最新のIoTに触れるならココ!話題のリテールストア「b8ta」とは?
テック・起業系の賢人たちに影響を与えた傑作SF小説10冊
ウェアラブルIoTで高齢者の自立支援を「科学的」に

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。