IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

「Amazon Echo」の日本版はいつ発売される?

茂木氏による脳科学とテクノロジーの特別講演終了後には、AWSの今後の構想が発表された。なかでも注目を集めたのが、日本語版の発売が待たれるデバイス「Amazon Echo(エコー)」に搭載されている音声認識・入力技術「Alexa(以下、アレクサ)」についてのスピーチだ。

スピーチの冒頭では、アレクサに今日の天気を尋ねたり、スピーカーをONにしたりAmazonで注文をしたりと、人々の生活に寄り添ったサービスのイメージ動画を紹介。多くのユーザーにとって、欠かせない存在になっていることがわかる。

アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏

「アレクサに『アレクサ、今日の天気は?』と問いかけると同時に、その発言はテキスト化されクラウドに上がり、自然言語理解エンジンに取り込まれます。このエンジン内で、テキストの意味を翻訳してユーザーの意志を理解し、天気情報をユーザーに伝えるというシステムを提供しています」(アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏)

また、アレクサに組み込まれている「Alexa Voice Service(AVS)」という音声認識機能を他社に解放し、そのプログラムを提供している。そのため、アレクサで使えるサービスはAmazonのものにとどまらず、さまざまなIoT端末や各社サービスとユーザーを、アレクサを介してつなげることができる。

アメリカでの活用例のひとつが、配車サービスを展開しているUberだ。Uberがプログラムを開発し、Amazon Echoでの使用を可能にすることで、アレクサに車の手配をしてもらうことができるという。

展示された「Amazon Echo」

アレクサはさまざまなサービスや、IoT端末のプラットホームとなる可能性を秘めている。今回のAWS Summitでは日本語版の発売は発表されなかったが、その上陸が待ち遠しい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

オプテックス、既存センサーなどをIoT化できるSigfox対応無線ユニット
ビッグローブ、10軸センサー搭載、LTE対応の小型IoTデバイス「BL-02」を発売 行動センシングやAI連携に活用
BIGLOBE、企業でのIoT導入のハードルを下げる新デバイス「BL-02」
スマートフォンではなくIoT専用の端末を提供するビッグローブの狙い
丸紅情報システムズ、IoTサービス向けビーコン「BlueBeaconシリーズ」の新モデル発売
安川情報システム、IoTデータの分析クラウドをAzureから提供 | IT Leaders
日立建機、施工現場のIoT化を実現する「Solution Linkage Mobile」を発売
車がIoTになる、コネクテッドカーを定額利用できる「SmartDrive Cars」
LINEの「Clova」、IoT家電の操作に対応
ビッグローブがAndroid搭載IoT端末を提供、AI活用ソリューションなど法人向けに
安川情報システム、IoTクラウドサービス「MMCloud」の基盤としてAzureのIaaSを採用
AI搭載IoT機器の普及には、安価なチップが不可欠
日立国際と日立建機、IoTの通信環境を改善する実験--工事現場でのICT活用を支援
NTT西日本と日立、長崎県五島市にIoTを活用した鳥獣害対策システムを導入
IoT人気記事ランキング|日本キャタピラーつながる建機「Cat Connect Solutions」、パルコが目指すデジタル時代の小売業など[4/2-4/8]
マイクロソフト、今後4年間でIoTへ50億ドルを投資

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。