IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

「Amazon Echo」の日本版はいつ発売される?

茂木氏による脳科学とテクノロジーの特別講演終了後には、AWSの今後の構想が発表された。なかでも注目を集めたのが、日本語版の発売が待たれるデバイス「Amazon Echo(エコー)」に搭載されている音声認識・入力技術「Alexa(以下、アレクサ)」についてのスピーチだ。

スピーチの冒頭では、アレクサに今日の天気を尋ねたり、スピーカーをONにしたりAmazonで注文をしたりと、人々の生活に寄り添ったサービスのイメージ動画を紹介。多くのユーザーにとって、欠かせない存在になっていることがわかる。

アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏

「アレクサに『アレクサ、今日の天気は?』と問いかけると同時に、その発言はテキスト化されクラウドに上がり、自然言語理解エンジンに取り込まれます。このエンジン内で、テキストの意味を翻訳してユーザーの意志を理解し、天気情報をユーザーに伝えるというシステムを提供しています」(アレクサのエヴァンジェリスト・Jeff Blankenburg氏)

また、アレクサに組み込まれている「Alexa Voice Service(AVS)」という音声認識機能を他社に解放し、そのプログラムを提供している。そのため、アレクサで使えるサービスはAmazonのものにとどまらず、さまざまなIoT端末や各社サービスとユーザーを、アレクサを介してつなげることができる。

アメリカでの活用例のひとつが、配車サービスを展開しているUberだ。Uberがプログラムを開発し、Amazon Echoでの使用を可能にすることで、アレクサに車の手配をしてもらうことができるという。

展示された「Amazon Echo」

アレクサはさまざまなサービスや、IoT端末のプラットホームとなる可能性を秘めている。今回のAWS Summitでは日本語版の発売は発表されなかったが、その上陸が待ち遠しい。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

ソリトン、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化
着実に進むおもちゃのIoT化、子ども向けだけでなく大人向けも【俺たちのIoT】
リアルタイムに物流貨物を追跡可視化するIoTユニット - ソリトンシステムズ
水田の水管理コストを半分に--静岡県でIoTの大規模実験
博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ
IIJ、水田の水管理コストをIoTで50%削減する実証実験 | IT Leaders
SIGFOXやLoRaWANに「耐移動性」はあるか?
【特別対談】IoT時代に求められる“見なくてもいい”BIツールとは -ウイングアーク1st MotionBoard [PR]
IoTの効果を高める「エッジ」とは何か
マイクロソフトの「Azure」や「Kinect」を使った未来のスーパー--写真で見る
デジタルネイティブ世代の学生たちが考えるIoT製品がおもしろスゴイ
「スイッチは使わなくなった」--引っ越して半年の住民が話すIoTスマートハウスの住み心地
AWSのクラウド機能をローカルデバイスに拡張する「AWS Greengrass」、IoT向けサービスを正式ローンチへ
LPWAへの投資は「セルラーM2Mを優先」 u-blox
AIや機械学習がIoTセキュリティにもたらす新たな可能性--活用するための5つのステップ
ウチヤマHD、九大など、IoTを活用した介護・看護職員の行動認識実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。