IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.12

風雲児アンダーアーマーが描く野心的な未来予想図
IoT時代、<企業のビジネスモデル>が変わる

BY

 一番乗りの企業が、試行錯誤を繰り返しながらサービスの受益者であるお客さまをいち早く囲い込み、ロイヤルティの高い顧客基盤を作り上げる。そしてゲームルールを自由に設定する(サービスのスキームや料金体系など)ことができるだけではなく、フォロワー企業に安易に模倣されないように、特許や商標で防御網を張り巡らすことも可能になる。

 加えて、アンダーアーマーの戦略で先見性を感じるのは、「IoTを活用したウェルネスとフィットネスのサービス業」へとなりわいを転換するにあたり、オープンな企業連繋により、企業内部で調達できない専門的なナレッジやスキルをいち早く調達していることだ。

 図2で見るように、基幹システムはSAP、AIはIBMのワトソン、スマホアプリはサムスン、UA HealthBox機器はHTCという具合に、アンダーアーマー自身が指揮者の役割を演じる「オーケストラ型の連携」を実現しようとしていることに注目したい。

図2:アンダーアーマーの「オーケストラ型の連携」。

 2015年のCESのパネルディスカションで、シスコシステムのCEO(当時)のジョン・チェンバースは「IoTによって全ての企業はハイテク企業になる。フォーチュン500企業の中で生き残れる企業は40%に過ぎない。そしてDisruption(破壊的イノベーション)は今、そこに起きている現実であり、ベンチャー企業ではなく、大企業こそがDisruptor(破壊者)にならないと生き残れない」と看破した。

【参考】「巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868)

 エヌビディアがデジタライゼーションを象徴するベンチャー企業の代表者なら、アンダーアーマーこそがDisruptor(破壊者)に変貌しようとしている、リアルライフに軸足を置いた大企業の先駆けであるといえよう。

 生き残る40%の企業のリストにその名を残すために、われわれ日本の大企業に残された時間は実はあまり多くはない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日本テラデータ、IoTデータ活用に向けた支援サービス
富士通、IoTスマートメーター「特定データ収集サービス」を提供開始
京セラ、LPWAと「AWS IoT 1-Click」対応「LTE-Mボタン」を製品化
GoogleがAndroid Things向けにCloud IoT Core Clientライブラリをリリース
工場の現場に定着するIoTを展開--平田機工とIIJが「Cognitive Factory」発表
“ダッシュボタン”作れるデバイス、ソラコムが発売 省電力「LTE-M」を利用
カーシェアリングのビジネスは持続可能か? トヨタや日産の動きは
FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション(ニュース)
複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を(山本拓真の「介護にイノベーションを巻き起こせ」)
20年以上の歴史から、勤怠クラウド対応ICカードリーダー打刻端末 - セイコーソリューションズ
IoT人気記事ランキング|『DeepLearning BOX』ではじめるディープラーニング①Windows 10で「TensorFlow」と「CNTK」を使ってみる、など[6/25-7/01]
AI&IoT時代の開発ソリューション最前線 ~「エッジテクノロジー」に着目した組込み・IoT総合技術展、7/5-6大阪で開催
スカイディスクと九州大学、IoT/AIセキュアクラウドプラットフォームの共同研究を開始
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
ソフトバンク、宇治市でIoTを活用して路面情報を検知する実証実験
IoTの大衆化を目指すSensorCorpus ー新機能発表会レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。