IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.12

風雲児アンダーアーマーが描く野心的な未来予想図
IoT時代、<企業のビジネスモデル>が変わる

BY

 一番乗りの企業が、試行錯誤を繰り返しながらサービスの受益者であるお客さまをいち早く囲い込み、ロイヤルティの高い顧客基盤を作り上げる。そしてゲームルールを自由に設定する(サービスのスキームや料金体系など)ことができるだけではなく、フォロワー企業に安易に模倣されないように、特許や商標で防御網を張り巡らすことも可能になる。

 加えて、アンダーアーマーの戦略で先見性を感じるのは、「IoTを活用したウェルネスとフィットネスのサービス業」へとなりわいを転換するにあたり、オープンな企業連繋により、企業内部で調達できない専門的なナレッジやスキルをいち早く調達していることだ。

 図2で見るように、基幹システムはSAP、AIはIBMのワトソン、スマホアプリはサムスン、UA HealthBox機器はHTCという具合に、アンダーアーマー自身が指揮者の役割を演じる「オーケストラ型の連携」を実現しようとしていることに注目したい。

図2:アンダーアーマーの「オーケストラ型の連携」。

 2015年のCESのパネルディスカションで、シスコシステムのCEO(当時)のジョン・チェンバースは「IoTによって全ての企業はハイテク企業になる。フォーチュン500企業の中で生き残れる企業は40%に過ぎない。そしてDisruption(破壊的イノベーション)は今、そこに起きている現実であり、ベンチャー企業ではなく、大企業こそがDisruptor(破壊者)にならないと生き残れない」と看破した。

【参考】「巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868)

 エヌビディアがデジタライゼーションを象徴するベンチャー企業の代表者なら、アンダーアーマーこそがDisruptor(破壊者)に変貌しようとしている、リアルライフに軸足を置いた大企業の先駆けであるといえよう。

 生き残る40%の企業のリストにその名を残すために、われわれ日本の大企業に残された時間は実はあまり多くはない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|ものづくり企業に必要不可欠なMES(生産実行システム)のノウハウを凝縮し短期導入を可能に ーウイングアーク1st荏原氏インタビューなど[8/27-9/2]
IoT・ブロックチェーン・AI――次世代ソリューションの“3種の神器”はOracle Cloudで組み合わせることでパワーが倍加する
GMOグローバルサイン、IoTデバイス向けの電子証明書サービス「IoT IDプラットフォーム byGMO」を提供
NEC、ソラスとデータコネクティビティ領域で業務提携
LINEで自在にIoTデバイスを操る「LINE Things」
Microsoft×近畿大学。真鯛の養殖でAIを使う
LiveRidge、LoRaWAN・Sigfox・LTE-Mに対応した高齢者見守りIoTフィールドを構築
産業用コンピュータから広げるIoTの可能性--アドバンテック・小池社長
マルチクラウドとIoTエッジの管理を強化、ヴイエムウェア新発表まとめ
なるほど! AIの使い方――在住外国人向け多言語チャットボット、サクラマスの陸上養殖
IoTプラットフォームの選び方を知る
ドコモ、IoT技術で会議室利用に関する実証実験
「IoTがなぜ進まないのか?」事業化のヒントがここに【9/14セッション観覧募集中】
ぷらっとホーム、IoTアプライアンス「OpenBlocks IDM」がLoRaアプリケーションサーバー機能に対応
東芝グループ2社と日本マイクロソフトがDX推進で協業し、Azureを活用した「IoTスタンダードパック」を提供開始
PTCジャパン・NSW、「LINE WORKS」を利用した製造業向けIoTサービスの提供で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。