IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.12

風雲児アンダーアーマーが描く野心的な未来予想図
IoT時代、<企業のビジネスモデル>が変わる

BY

 何はさておき、このサービスで秀逸なのは、「お客さまの気持ちの変化」(どんなに良い気分で一日を過ごせるか)がKGI(Key Goal Indicator)として中核に位置付けられており、そのためのKPI(Key Performance Indicator)として「睡眠」「栄養」「フィットネス」「日常活動」があるというひも付けがなされていることである(図1参照)。

図1:UA Healthboxのアプリ画面。

 お客さまの気持ちの変化に寄り添うことがブランドの差別化の最大のドライバーになる時代、「いかに良い気持ちで毎日を送るか」にフォーカスしたアンダーアーマーのこのサービスは、エクスペリエンス・デザインの観点でも見習うところがある。

 競合でもあり、この分野では先行していた「Nike+」(ナイキプラス)が目指す、“フィジカルのパフォーマンス向上”といった機能的なベネフィットを提供するサービスとは、一線を画したものであることを強調しておきたいと思う。

 なお、UA HealthBoxと呼ばれるギアは、米国内ではアマゾンならわずか約220ドルで手に入れることができる。アンダーアーマーがハードウエアの販売で、儲ける気がないことは明白と言えるだろう。

 お客さまの全員会員化が前提の、サブスクリプション型(会員課金型)ビジネスへの展開がアンダーアーマーの野望である。

なぜアンダーアーマーは自らゲームチェンジャーになったのか

 それではなぜ、スポーツ用品企業として進境著しいアンダーアーマーが、リスクを冒してまで、IoT技術を活用したウェルネスとフィットネスのサービスに打って出るのであろうか。

 理由はおそらく3つある。

 1つ目の理由はお客さまとの関係性の問題である。

 スポーツ用品企業としてのアンダーアーマーのビジネスの実態が、実はBtoCというよりもBtoB企業に近い体質であるということは、あまり知られていない事実だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、シニア向けSNSを活用したマーケティングサービスを販売開始
日本のルータ4割に脆弱性、のっとりも容易 - IoTセキュリティのいま
Google Home対応、屋外から家電を操作できるIoT機器「Nature Remo」
村田製作所がIoTビジネス参入へ
2018年へ向け知っておくべき技術トレンドトップ10
NEC、IoTのエッジやデバイスを守るソフトウェア群を提供 | IT Leaders
日立、IoTを活用し経営情報と製造現場のKPIを見える化するダッシュボード | IT Leaders
IoT環境をどう守る? トレンドマイクロが「IoT向けセキュリティ戦略」を発表
SORACOMが大型アップデート、HLRの独自実装やSMSによるデータ送受信が可能に
スズデン、IoT/M2M専用モバイルインターネットサービス「スズデンMOBILE」を発売開始
トレンドマイクロ、IoT向けセキュリティ戦略-フルレイヤーで各業種に最適化
マウス、IoT活用「mouse スマートホーム」に空気清浄機などデバイス追加
IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」
PSソリューションズなど3社が協業し「e-kakashi」の第2世代サービスを開発
IoT技術を活用した高齢者見守りサービス、オートバックスなどが実証実験を実施
東京電力グループ、オープンイノベーションに特化した新会社を設立——スマートホームや家庭用IoT分野でのスタートアップ協業を推進へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。