IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.12

風雲児アンダーアーマーが描く野心的な未来予想図
IoT時代、<企業のビジネスモデル>が変わる

BY

 何はさておき、このサービスで秀逸なのは、「お客さまの気持ちの変化」(どんなに良い気分で一日を過ごせるか)がKGI(Key Goal Indicator)として中核に位置付けられており、そのためのKPI(Key Performance Indicator)として「睡眠」「栄養」「フィットネス」「日常活動」があるというひも付けがなされていることである(図1参照)。

図1:UA Healthboxのアプリ画面。

 お客さまの気持ちの変化に寄り添うことがブランドの差別化の最大のドライバーになる時代、「いかに良い気持ちで毎日を送るか」にフォーカスしたアンダーアーマーのこのサービスは、エクスペリエンス・デザインの観点でも見習うところがある。

 競合でもあり、この分野では先行していた「Nike+」(ナイキプラス)が目指す、“フィジカルのパフォーマンス向上”といった機能的なベネフィットを提供するサービスとは、一線を画したものであることを強調しておきたいと思う。

 なお、UA HealthBoxと呼ばれるギアは、米国内ではアマゾンならわずか約220ドルで手に入れることができる。アンダーアーマーがハードウエアの販売で、儲ける気がないことは明白と言えるだろう。

 お客さまの全員会員化が前提の、サブスクリプション型(会員課金型)ビジネスへの展開がアンダーアーマーの野望である。

なぜアンダーアーマーは自らゲームチェンジャーになったのか

 それではなぜ、スポーツ用品企業として進境著しいアンダーアーマーが、リスクを冒してまで、IoT技術を活用したウェルネスとフィットネスのサービスに打って出るのであろうか。

 理由はおそらく3つある。

 1つ目の理由はお客さまとの関係性の問題である。

 スポーツ用品企業としてのアンダーアーマーのビジネスの実態が、実はBtoCというよりもBtoB企業に近い体質であるということは、あまり知られていない事実だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

ソリトン、物流貨物の流れとセンサー情報を可視化するIoTシステムを製品化
着実に進むおもちゃのIoT化、子ども向けだけでなく大人向けも【俺たちのIoT】
リアルタイムに物流貨物を追跡可視化するIoTユニット - ソリトンシステムズ
水田の水管理コストを半分に--静岡県でIoTの大規模実験
博報堂とゆめみが資本業務提携、マーケティング活動におけるUX開発支援サービス提供へ
IIJ、水田の水管理コストをIoTで50%削減する実証実験 | IT Leaders
SIGFOXやLoRaWANに「耐移動性」はあるか?
【特別対談】IoT時代に求められる“見なくてもいい”BIツールとは -ウイングアーク1st MotionBoard [PR]
IoTの効果を高める「エッジ」とは何か
マイクロソフトの「Azure」や「Kinect」を使った未来のスーパー--写真で見る
デジタルネイティブ世代の学生たちが考えるIoT製品がおもしろスゴイ
「スイッチは使わなくなった」--引っ越して半年の住民が話すIoTスマートハウスの住み心地
AWSのクラウド機能をローカルデバイスに拡張する「AWS Greengrass」、IoT向けサービスを正式ローンチへ
LPWAへの投資は「セルラーM2Mを優先」 u-blox
AIや機械学習がIoTセキュリティにもたらす新たな可能性--活用するための5つのステップ
ウチヤマHD、九大など、IoTを活用した介護・看護職員の行動認識実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。