IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.19

IoT時代のAmazon AWSが業務効率を改善する理由
イノベーションを源泉に成長し続ける企業が見据えるものとは

BY

イノベーションが成長の源泉

世の中には数多くのIT企業が存在するが、Amazonが他社と一線を画すところは、「“地球上で、もっともお客様を大切にする企業であること”を企業理念に掲げている点だ」と長崎氏。Amazonは1996年、Jeffrey Preston Bezos氏が立ち上げた企業であり、すでにマーケットが確立され、ヒエラルキーが出来上がっていた出版業において「本をインターネットで売る」という、当時は誰も手を出していない(出そうとも思っていなかった)分野に切り込んでいく新たなビジネスだった。それが急成長を遂げAmazonでは今や、本だけに留まらず、日用品をはじめ、家電製品、音楽や映画なども購入することができる。

「ただのショッピングをするだけではなくて、デジタライゼーション。新しいお客様に対する価値体験というものを、お客様があっと驚くかたちで出していくというのがAmazonという会社の生業になります。」と長崎氏。

ではなぜ、Amazonは顧客を驚かせるサービスでビジネスを成立させることができるのか?

それは顧客である企業のニーズを徹底的に調査して、今後5年、10年のスパンで何を求めているのかを、常に先を読みながら先回りしてサービスを提供しているからだ。その結果が今のAmazonを形づくっている。Amazonにとって、イノベーションが成長の源泉というのだ。

ネットの成長とほぼ同時に育ってきたAmazon

インターネットが世の中で発展してきた過程で、Amazonも一緒に成長してきた。サービスも毎日のように生み出されてきたが、すべてが成功した訳ではなく、その中には失敗もあったという。

たとえば成功した例を挙げると、「Amazon Prime」に含まれる「お急ぎ便」の即日デリバリーがある。対象エリアに限るが「お急ぎ便」なら、注文当日に届くというものだ。最近では「Amazon Prime Now」という対象エリアでの買い物が1時間以内に届くサービスも登場。

長崎氏によると、Amazon Primeというサービスが企画された当時、「即日で届けるサービス、誰も必要としないのでは?」との議論が社内で持ち上がったという。しかし、「商品が1週間経って届くよりも、注文してすぐに届くほうが顧客の価値体験として喜んでもらえるのではないか」いう仮説のもとに、成功するかどうかもわからないサービスをビジネスとして展開し始めたのだそうだ。

そして今ではAmazon PrimeやAmazon Prime Nowは、Amazonを語るうえで非常に重要なサービスとなっている。

WebショッピングにIoTを取り込んだダッシュボタン

ここ最近の成功例では、「Amazon Dash Button」ことダッシュボタンがある。これはIoTのボタンであり、このボタンを押すことで、お気に入りの商品をWi‐Fi経由で注文できるものだ。洗剤やおむつ、ミルクといった日常品がすぐに注文できる。注文できる商品は固定されるが今までのようにスマートフォンやパソコンで、インターネットのサイトにログインして注文する手間が必要ない。

また、iPhoneのSiriのような「Amazon Echo」は米国で人気を博している。Siri同様人工知能を用いた音声認識のアシスタントで、今日のニュースやスケジュール、渋滞情報をすべて音声で答えてくれる。音楽を聴いたり、芸能人の出身地や年齢を聞いたり、ファミリーアシスタントデバイスというかたちで、米国の家庭に物凄い勢いで普及しつつある。

新感覚のコンビニ

Amazonは現在、「Amazon Go」という新しいコンビニエンスストアを実験している。これは欲しい商品を取って自分のバッグに入れ、そのままお店を出ると、スマートフォン上で会計されるというもの。人がいらない、レジのないコンビニだ。

動体認識、ビッグデータの蓄積、ディープラーニングなど、さまざまなテクノロジーが支えている。実際にシアトルにテスト店舗を出して実験中だが、ここでうまく行けば全米で展開し、そのあとに世界で展開していくという。テクノロジーがなくては実現できない新しいかたちの店舗スタイルだ。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

自動運転の海洋版「自動運航船」、超ド級規模で出航へ
IoTで富士山登山者数を見える化 - KDDIと御殿場市が実証実験
アキバで買った50円のセンサーで4億円の削減効果! 中小製造業のIoT成功例
各種IoTモジュールを差し替え可能なスマート壁コンセント「Swidget」
充電&トラッキング機能搭載! 日本初の国産スマートラゲージ「マックスパス スマート」先行販売開始
5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測
KDDIとつくる“日本発グローバル基盤”--「ソラコムらしさがなくなることはない」
NTTデータ、MIRACLE LINUXらとIoT×エッジコンピューティング分野で協業
JVCケンウッド、次世代IoTソリューションとしてタクシー配車システム開発
KDDI、富士登山をサポートするIoTを活用した実証実験
KDDI、LoRaWANで富士山の登山状況を見える化する実証実験を開始
地元主導のテストベッドでスマートシティ規格『共築』目指す 始動したIoT益田同盟
日本IBMとドコモが協業、AIを活用したIoTソリューションを1次産業向けに提供へ
NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラスト、次世代IoT向けエッジデバイス基盤の開発で協業
モバイルキャリアがIoTソリューション続々、一次産業向けAI活用やメーター向け通信ボード
IoTサイバーセキュリティは、1社だけでは完結できない――ファーウェイ・セキュリティ担当CTO

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。