IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.17

NTTドコモ、AI機能との連携で成長するカーナビサービス
ドコモ×ゼンリン AI技術活用の音声エージェント

BY

AI、IoT、ロボットなどの技術革新によって、身の回りのあらゆるものが進化している今。少し前まで、映画や遠い未来の話であったはずの自動運転技術も確立しつつある。すでに一部には自動運転機能が搭載されている自動車もあり、あと数年の間には、自動運転車が街中を普通に走る時代が到来することが期待されている。

とはいえ、まだ一般的に身近といえない自動運転技術。現段階において私たちの生活に寄り添っている自動車関連の最先端テクノロジーといえば、カーナビ技術ではないだろうか。

そんな中、ドコモ、ゼンリン、ゼンリンデータコムの3社が、AI技術を活用した自動車向けの音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」を共同開発し、2017年4月17日にNTTドコモが法人企業向けに提供を開始する。

AIインフォテイメントサービスは、NTTドコモのAI技術「自然対話技術」、「行動先読み技術」、「高度情報検索技術」と、ゼンリンが提供するカーナビ向け地図・コンテンツを利用するために必要なゼンリンデータコムの検索エンジンを、それぞれ新たに開発を行いカーナビメーカー等に提供するもの。

本サービスは「自然対話技術」により、ドライブ中に必要な全ての操作が音声で対応できるようになる。従来のカーナビのように目的地検索をする際に住所や電話番号を一文字ずつ入力する等の煩わしい操作を不要とし、運転中でも安心・安全・便利に操作を行える。さらに、会話を重ねることでドライバーの趣味や嗜好に合わせた情報を配信する等、自分だけのカーナビとして成長してくれるのだ。

NTTドコモ HPより

加えてポイントとなるのは、ドライバーのよく行く場所、よく利用するルート、出社・退社時刻等の行動パターンやスケジュールと連携し、自動で解析する「行動先読み技術」を活用するところ。これによって、目的地の推測、目的地に関する渋滞・イベント情報等様々なコンテンツ から適切なタイミングでドライバーに伝えることで、快適なドライブを実現してくれる。

さらに、ドコモが新たに開発した「高度情報検索技術」を、ゼンリンデータコムの施設検索エンジンに追加している。これによって、目的地検索に対し、SNS上で施設がどれくらい話題になっているか等の解析結果を加え、人気度情報順に表示することを可能とし、検索機能を向上させてくれる。

3社は、「AIインフォテイメントサービス」の提供により、ドライバーが安心・安全・便利に利用できる機能や、最適な情報の提供、ドライバーのサポートを可能とするサービスの提供に向けて取り組みを行っていくという。

NTTドコモ HPより

1. サービス概要

カーナビ、PND(ポータブルナビゲーションデバイス)、各種車載機器、スマートフォンと連携することで、AI技術を活用した安心・便利なサービスを受けることが可能となる法人向けサービス。

2. 提供開始日

2017年4月17日(月曜)

3. 主な機能

■自然対話技術
・自然な対話による車載機の操作やカーナビ等の目的地検索・設定
・多数の対話シナリオによる、車内での様々な話題・ご利用者の趣味や嗜好に合わせた対話機能

■行動先読み技術
ユーザーが設定した目的地に対して、ルート上の渋滞を考慮した出発時刻を予め設定したメールアドレスに案内
ドライバーが目的地を設定しなくても、クラウド上のカレンダーに登録された予定や位置情報履歴から、ドライバーのよく行く場所やよく利用するルート、これから利用するルートを推定することで、ドライブに必要な情報を先回りして配信

■高度情報検索技術
・SNSの情報と連携し、施設の話題を解析することで、施設の人気度順に検索結果を表示(名称が曖昧であったり、同一名称の施設が多数ある場合も、人気度順に利用者の意図に沿った、目的の施設を検索表示)
・SNS上で告知・話題にされているイベント情報の収集結果を、利用者の現在地や目的地に合わせた情報提供

■その他
<スマートフォン連携>
・出発時刻案内をメールで通知
・カレンダーやスケジュール機能との連携による行動支援
<各種情報配信>
・施設情報
・交通情報(渋滞、通行情報等)、予測渋滞情報
・イベント情報(SNSから自動で収集した情報を含む)
・駐車場空情報
・ガソリン価格
・ニュース、天気予報、占い等の生活情報
・一般的な雑学的情報や時事ネタ等の情報

これら以外にもユーザーのニーズに応じて配信情報を増やしていき、音楽やビデオなどエンタメ系のコンテンツについても提供をしていく予定となっている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。